静かな革命

flower02宇宙の決断。
地球の決断。
そして、私たちの決断。
すべては、ひとりの意識からはじまる。

意識の転換。
意識が変われば、選択する事柄も変わる。
そして、それが多くの人に広がれば、世界が変わる。
それは、とっても自然な流れではないだろうか。
だからこそ、ひとりひとりの意識のあり方が、とても大事なんだ。

私たちはこの世界で、「幸せ」を手に入れられただろうか。
もしできているなら、どうして“癒し”を求める人が、こんなに多いのだろう・・・。

古い時代から新しい時代へ。
今までの世界に何の疑問も抱かず、当たり前だと思っている人にとっては、
新しい世界かもしれない。そして、それは、不安に感じることかもしれない。
一方、今までの世界に疑問を抱き、居心地の悪さを感じていた人にとっては、
ごく自然で当たり前の世界なのだと想う。そして、それは、喜びと共に迎えられるのだろう。

「新しい」のだから、「古い」のもは無くなっていく。
でも、新しい時代に必要かどうかを判断するには、先ずそれを表に出さなきゃいけない。
だから、社会にも個人にも、今、要らないものがどんどん出てきているのではないだろうか。
それは一見、不安に感じるような出来事でも、私たちに大きな気づきを与えてくれている。
本当に要るものと要らないものを見分けるために、私たちに見せてくれている。
そして、自然や地球、宇宙に対して目を向け、私たちの意識が変わるように。

そうやって見れば、世界をもっと大きな視野で見ることができて、心も大きく静かになる。
争っている場合じゃないってこともわかるし、争いの外に出ることができる。

新しい世界は、支配ではなく、共に生きる世界。
それは、人と人との間だけではなく、自然と人との関係でもある。
想像してみてほしい。
どんなに気持ちが良いだろう・・・。

私たちも、宇宙も、生きている。
内側で外側で、絶えず生きて、変化している。

私たちの決断。
誰かじゃない。
すべては、ひとりの意識からはじまる。
私たち、ひとりひとりの意識のあり方で、世界が創られる。

There comes a time when we heed a certain call
When the world must come together as one
There are people dying
And it’s time to lend a hand to life
The greatest gift of all

We can’t go on pretending day by day
That someone, somewhere will soon make a change
We are all a part of God’s great big family
And the truth, you know,
Love is all we need

We are the world, we are the children
We are the ones who make a brighter day
So let’s start giving
There’s a choice we’re making
We’re saving our own lives
It’s true we’ll make a better day
Just you and me

さあ あの声に耳を傾けよう
今こそ 世界が一つになる時だ
今日も 人々が死んでゆく
今こそ いのちに手を差し伸べるときだ
そのいのちは 最高の贈り物なんだ

いつまでも 知らない振りを続けていてはいけない
誰かが どこかで 変化を起こしてくれるのを待っていてはいけない
僕らは神のもと その大きな家族の一員なんだ
本当だよ
愛は すべてを充たすんだ

僕たちはこの世界(宇宙) 僕たちはその子供たち
輝く未来を創るのは 僕たちなんだ
さあ はじめよう
選ぶのは 僕たち自身
僕たちのいのちは 僕たちで守るんだ
本当だよ より良い今日を 未来を創るんだ
君と僕なら それができるんだ

「We Are The World」:作詞、作曲マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー