力の所在、人の力は無限大

power時々、思う。
「団体」も「リーダー」も、要らないんじゃないかって。

それらが無かったら、自分で考えて、自分で行動するんじゃないだろうか。
そうすれば、自分の力を他人に明け渡すことも、他人の力を奪う必要もない。
まして、何か特別な“モノ”を作り出して、それに力を託す必要もない。
自分たちが最も優れているなどと主張することもなく、まして、自分たち以外は排除しようとする必要もない。

みんなが自分の力を取り戻したら、それが、調和した状態なのではないだろうか。
ひとつになろうと努力するのではなく、私たちは元々ひとつなのだと認めるだけで、問題は一瞬で消えてしまうのではないだろうか。

「団体というのは、」とデミアンは言った。「けっこうなものさ。しかし今ほうぼうに花ざかりの様子を見せているものは、ちっともけっこうじゃないね。団体は個人個人が、たがいに理解し合うことから、新しく生じてくるものだろうし、しばらくのあいだは、世界を変革することもあるだろう。現在そのへんにある団体なるものは、衆愚の組織にすぎない。人間はたがいに相手がこわいものだから、たがいに寄り集まるのさ―紳士は紳士どうし、労働者は労働者どうし、学者は学者どうしでね。じゃ、なぜかれらは不安があるのだろう。人というものは、自分自身がひとつにまとまっていないときにかぎって、不安があるのだ。かれらが不安なのは、公然と自己を認めたことが一度もないからだよ。自己の中にある未知のものをこわがっているような、そんな人間ばかりの作っている団体とはね。・・・中略・・・こうやってびくびくしながら寄り集まっている人たちは、不安でいっぱいだし、悪意でいっぱいなんだ。誰も他人を信用しないんだね。かれらは、もう存在しなくなった理想に執着して、誰でも新しい理想をかかげる者があれば、そいつに石をぶつけるんだ。」

(参考:岩波文庫「デミアン」ヘルマン・ヘッセ作、実吉捷朗訳)

本当の自分を知ったら、相手の本当の姿も知ることになる。
そして、そのとき、強さとは何かを知るのではないでしょうか。

“人の力は無限大”

世界は、可能性に満ちている。
だからこそ、私たちは、その“力”の使い方を学ばなければいけないのではないでしょうか。
力とは、何なのでしょう?
力は、どこにあるのでしょう?

真実は、人それぞれ、その時々で変わっていくもの。
でも、その中で、“変わらない真実”というものがあるのではないでしょうか。
すべての変化を見ているものが。
それに気づいたとき、本当の自分を思い出し、力がどこにあるのかを知るのです。
自由も愛も、みんなそこにあることを。
進化の鍵は、きっとそこにあるはずです。

自分自身の本当の姿を知る者は自分以外のどんな力にも利用されたり支配されたりすることはない。

(参考:岩波書店「影との戦い ゲド戦記Ⅰ」ル=グウィン作、清水真砂子訳)

“誰かの力”に従うことよりも、“本当の力”が、どこにあるのかを探してみませんか?