俺の町、あなたの名前

sakura02クロ: 「木村ってヤツがいてね、こいつが俺の町で好き勝手やってるんだ。」
じっちゃ: 「“俺の町”ってのはやめろ、クロ。悪い癖だ。ここは、誰の町でもねぇ。」

(参考:映画「鉄コン筋クリート」松本大洋原作、マイケル・アリアス監督)

どうして、区別したがるのだろう?
どうして、これは私のものだと、主張したがるんだろう?
どうして、私のものが正しくて、それ以外のものは正しくないと、排除したがるんだろう?

そこから生まれたものは・・・。
それは、愛かな?

分けることなど、できないのに。
分けられたことなど、ないのに。

どうして、そんなに怯えるのだろう?

誰のものでもない町。
誰のものでもない国。
誰のものでもない地球。
誰のものでもない宇宙。
誰のものでもない私。
みんな同じ空の下。

「私のもの」など、何も無い。
今までも、今も、これからも、“それ”が、姿を変えて存在する。
あらゆるものの中に、“それ”は存在するのだから。

ジューリエット: おお、ロミオ、ロミオ! どうしてあなたはロミオなの?
お父様とは無関係、自分の名は自分の名ではない、とおっしゃってください。
それがいやなら、お前だけを愛していると、誓ってください。
そしたら、私もキャピュレットの名を捨ててしまいましょう。
ロミオ: このまま聞いていようか、それともすぐに話しかけようか?
ジューリエット: 私の仇はただあなたの名前だけ、
モンテギュー以外の名前をもっておられてもあなたはあなた。
モンテギューというのは何なのか。 手でもなければ足でもない。
腕でも顔でも、いいえ人間の五体のどの部分でもない。
ロミオ、ほかの名前の人になってください!
名前っていったい何なのか? みんなが薔薇と呼んでいるあの花も、
ほかの名で呼ばれてもその甘い薫りには変わりはないはず。
同じようにロミオも、たとえロミオと呼ばれなくとも、
あのなつかしいお人柄に変わりはなかろう、もともとロミオという名前とは、
何の関係もないお人柄なのだから。 おお、ロミオ!
どうかそのお名前を捨ててくださいまし! そしてそのかわりに、
あなたにとってそう大切でもない名前のかわりに、私を、私のすべてを、おとりくださいまし。
ロミオ: おっしゃるとおりにいたしましょう!
私をただ、恋しい人だと呼んでください。 すぐにでも洗礼を受けて名前を変え、
ロミオという名前とは別な人間になりましょう。
ジューリエット: あなたはだれなのです、こうやって夜の暗闇にまぎれ込み、
私の内緒の独言を聞いたあなたは?
ロミオ:私がだれか、どういう名前で答えていいのか、
私にもわからないのです。 あなたは私の名前を仇だとおっしゃる。
だとすれば、それは私にとっても憎い憎い名前。
何かに書いてあれば、消してしまいたいほど憎い名前です。
ジューリエット: あなたのお口から響いてくる言葉を
私はまだそれほど耳にはしておりませんが、お声はちゃんと覚えております。
あなたはロミオ、モンテギュー家のお方。
ロミオ: いや、美しいあなたに答えたい、どちらもおいやなら、どちらでもない、と。

(参考:岩波文庫「ロミオとジューリエット」シェイクスピア作、平井正穂訳)

名前、国、法律、宗教、旗、・・・・・。それは、私たちが作ったもの。私たちが決めたもの。
どうして、私たちは、カタチを作りかがるんだろう?
もし、それらが無かったら、私たちは仲良くできるだろうか。

「こうゆう決まりだから。」とか、「これが普通だから。」とか、「みんながこう言うから。」とかに逃げることなく、「本当にそうだろうか?」と、自分で考えることをしたら、何かに気付くはず。

本当に大事な事は、みんなちゃんと知っている。

見えるものに振り回されることなく、誰かの言葉に振り回されることなく、この世界をただ真っ直ぐ見たら、そこで何を知るだろう?

“それ”は、いつも、ここにある。