世界の見方、本当の癒しは“ここ”にある

sky06「ハラ、たしかに世界は広く、謎に満ちている。だが、わたしたちの心のほうがそれよりも広く、もっと多くの謎に満ちているんだよ。ときにはそのことも考えてみるがいい。」

(参考:岩波書店「アースシーの風 ゲド戦記Ⅴ」ル=グウィン作、清水真砂子訳)

日食や月食、彗星など、宇宙のイベントが起きるとき、科学系のサイトでもスピリチュアル系のサイトでもよく取り上げていて、双方とも、同じ宙を見上ています。
でも、それぞれ違う解釈をしています。起きる出来事をどう見るかが違っているのです。

宇宙のイベントだけでなく、どんな場面の出来事を一つ取ってみても、それぞれの見方、立ち位置で、受け止め方が違ってきます。
「どうして、そうなる?」と、私が思う事でも、その人にとっては、正しい事・当たり前・普通のことで、「それぐらいのことで?」と、私が思う事でも、その人にとっては一大事だったりで、同じ事柄でも、それを幸せだと想う人もいれば、不幸だと想う人もいます。そして、それは、時代によっても変わってきます。
この世界をどの角度から見るのかで、その人にとっての、世界の真実が変わります。その人の現実・体験する世界が変わるのです。

流れに逆らう人、流される人、流れそのものでいる人。
恐がりながら進む人、しっかり目を開けて進む人、立ち止まって向き合う人。
外へ向かう人、内へ向かう人、外と内を超える人。
終わりを見る人、始まりを見る人、終わりと始まりを見る人。 ・・・・・

どんな風に、この世界を見ていますか?

物事をよくよく見てみると、ずっとずっと深く見ていくと、私はいつも気づくのです。
それは、どんどんどんどん細かく探っていくと、どんどんどんどん広く開けてくるような感じで、どんどんどんどん視野を広くしていくと、どんどんどんどん細部が見えてくるような感じです。

とことん考えてみたらいいんじゃないかと、時々想います。
そこで見つけるものは、結局、最も簡単で単純なものなのではないのでしょうか。
そして、「こうあるべきだ。」と決めつける前に、今度は深刻に考えないで、その物事をそのまま丸ごと見つめてみてるとどうでしょうか。
そこで見つけるものもまた、結局、最も簡単で単純なものなのではないのでしょうか。

男か女か、とか、西洋か東洋か、とか、科学かスピリチュアルか、とか、他にも何か一見対極にありそうにみえるカテゴリーでも、どっちか一つ。ではなく、どっちも。両方。っていう選択もあるのではないでしょうか。
太陽が沈んでも、地球の反対側では昇るように。宇宙に出れば、太陽は沈まないように。

真の旅は、帰ること。行ったっきりではいけない。

内側の世界に留まったままではいけないし、外側の世界だけに夢中になっていてはいけない。
常に、二つの世界は一つ。そして、“ここ”に戻ってこなくてはいけない。

私は、瞑想をして気持ち良くなっているだけではいけないし、詳しい事はわかりませんが、ビジネス化したスピ系と言われている分野のモノや人にだけ頼っていてはいけないと想っています。
スピリチュアルといいながら、なぜ、モノに力をあたえるのでしょう・・・。なぜ、人間を弱いもの、傷ついたものとするのでしょう・・・。なぜ、○○をしていない人・出来ていない人を非難するのでしょう・・・。なぜ、時間や場所に囚われているのでしょう・・・。
まるで、扉はずっと開いているのに、それを見ないように、戸口の前で遊んでいるように見えます。

そして、薬に頼り過ぎることもよくないと想っています。
当たり前ですが、口にしたものが身体をつくっています。
何を食べているかというと、地球で育ったものです。
この身体は、地球と繋がっていて、その地球は、宇宙の中にあって、完璧に循環しているばずです。
添加物や化学薬品などは、本当に私たちの体に必要なものなのでしょうか・・・。

私たちの想いや感情も、身体に影響を与えています。
うつ状態のとき、身体はどうなるでしょう?
重くて動かなくなります。座っているのさえ、辛くなります。横になっても、眠れなくなります。身体は、どんどん停止していくように感じます。
ストレスが溜まると、ジャンクフードが食べたくなるのは、タバコが吸いたくなるのは、お酒をたくさん飲みたくなるのはどうしてでしょう? そして、それを続けていると、身体はどうなるでしょう?
肌が荒れたり、内臓が悪くなったり、集中力が無くなったり、・・・。
そして、そのとき、薬に頼り過ぎるとどうなるでしょう? 私たちの身体は、常に循環して完璧なはずなのに・・・。
自らどんどん悪くなる方へ向かっているように見えます。

そして、体質や性格も、みんなそれぞれ違います。
だから、コレを服用すれば、コレを持って入れば、コレをやれば、絶対大丈夫。ということは、簡単に決められないのではないでしょうか。
手っ取り早くモノで解決しようとする前に、自分の意識に注意を向けてみてはどうでしょうか。
不安を感じたり、イライラしたり、・・・・。でも、その時、それを見ている、静かな自分がいることに気がつかないでしょうか。

世界の見方を変えたら、どう見えるでしょう?

「わかったわ。」 とルーシィは、考えにふけりながら、さいごにいいました。「いまやっとわかったわ。この庭は、あのうまやのようね。そとよりなかのほうが、ずっと大きいのね。」
「もちろんですよ。イブのむすめさん。」 とフォーンがいいました。「あなたが、さらに高く、さらに奥へはいっていくにつれて、なにもかもずっと大きくなるのです。うちがわは、そとがわよりも大きいものですよ。」
(中略)
「わかったわ。」 とルーシィ。「ここもやっぱりナルニアね。下にあるナルニアよりも、もっと真実で、もっと美しいナルニアね。ちょうど下のナルニアが、うまやの戸のそとにあったまことのナルニアよりも、もっともっと真実で美しかったように! 世界のなかにある世界、ナルニアのうちがわのナルニアだわ・・・・・」
「そうです。」 とタスナムさん。「タマネギみたいでしょ。でもこれは、あなたが奥へはいればはいるほど、その皮が、まえにむいた皮よりずっと大きくなるところが、ちがいますけどね。」

(参考:岩波少年文庫「さいごの戦い」(ナルニア国物語7)C,S,ルイス作、瀬田貞二訳)

世界の見方を変えたら、私たち自身に対しての見方も変わります。

“それ”は、一時の、限定的な癒しとは違います。
“それ”は、人でも、モノでも、時間でも、場所でもありません。
しっかり目を開けて、内と外の世界を体験することが大事なのではないでしょうか。
そして、その中で“それ”が体験され、以降、“それ”が決して消えることが無いことを知るのです。
そこに、本当の癒しがあります。そして、本当の強さも。
それを知ったとき、世界は、真に生き生きしたものになるのではないでしょうか。

もはや数や図形が被造物の手がかりではなくなり、
歌い、接吻する人が学識者より多くを知るとき、
世界が自由な生へ、次いで世界へ帰還するとき、
そしてふたたび、光と影が真の光明へと結ばれるとき、
人がおとぎ話や詩に真の世界の物語を見いだすとき、
そのとき、ひとことの神秘な言葉のまえに、
まちがったものすべてが消え去る。

※ノヴァーリス「青い花」の中の詩

(参考:岩波書店「エンデのメモ箱 <ある中央ヨーロッパ先住民の思い>」ミヒャエル・エンデ著、田村都志夫訳)

科学の目ではなく、スピリチュアルの目ではなく、ビジネスの目ではなく、誰かの目ではなく、自分の目で見たら、この世界は、どう見えるでしょう?
そして、その目で自分自身を見たら、そこに何を見るでしょう?