宇宙の色は色とりどり

flower08子供のころ、ずっと疑問だった。
「どうして、みんな同じにしなくちゃいけないの?」

“ひとつになる”ってどうゆうことだろう。
みんな、同じ思考で、同じ行動をするということだろうか。

「これが正しいことだ。」と、誰かが言ったら、あっちの人もこっちの人も、みんな同じ道を行く、同じ言葉を言う。
「いや、それは正しくない。こっちが正しい。」と、また誰かが言えば、くるっと回転。あっちの人もこっちの人も、みんな同じ道を行く、同じ言葉を言う。
“同じもの”の囲いは、見た目が変わるだけで、結局、同じことの繰り返し。
そして、従わないものを従わせるように支配する。違うものを排除しようとする。
これが、目指している、“ひとつになる”ということだろうか・・・。

一色だけの世界は、つまらない。

“元々ひとつで同じ”だとしたら、どうだろう。
ひとりひとりどんなに違っていても、元はひとつで同じだと。

思考も行動も、選択肢は、想っただけある。どれを選ぶかは、自分で決めればいい。
もし、誰かが自分と違う選択をとしたとしても、それはそれ。無理矢理「こっちだ!」とすることもない。むしろ、“違うこと”から学ぶことは多い。
“同じもの”の囲いは無く、“元々同じである”という帰る場所があるだけだ。
お互いの違いを受け入れ、認めれば、争う必要もなくなる。
これが、目指してることではないだろうか。
“ひとつになる”のではなく、“ひとつである”ということを、ただ認めることなのではないだろうか。

そして、それは、みんなはじめから知っていたことではないだろうか。
ただ、いつ誰がつくったのかわからないルールだけど、それに従わなきゃいけないんだって、それが正しいことなんだって、そう思い込んでいるだけで。
でも、それも必要なことだったのかもしれない。
だって、光を見るためには、闇に持っていかなければいけないから。目覚めるためには、眠らなきゃいけないから。完全を知るためには、不完全である必要があるから。
そして、両方を見ることが出来たとき、大きな気づきが起きるから。
だから、ただ、思い出すだけでいいのではないだろうか。
そうなれば、きっと、もっとやさしくなれる。

色とりどりの世界は、楽しい。

でも、それは、「人と違くなろうとする」ということとは違う。
個性は、つくるものじゃなくて、初めからあるものだから。新たに付け足すのではなく、引き出すものだから。
そして、比べることではない。
それぞれの旅をするために必要なものであるだけなのではなだろうか。

本当の“個”を知ると、本当の“全”を知る。
“個”を無くした“全”ではなく、“全”の中に“個”があり、“個”の中に“全”をみる。

私たちは、宇宙そのもの。
私たちは、離れ離れになったことなど無いし、これからも、離れ離れになることは無い。
ひとつだから、ひとりじゃない。

色とりどりに輝く、一つの生命。
すべてが、美しくて、愛おしい。

みんなの本当の色は、何色だろう?

ムーミン谷のみんなに聞いてみよう。