故郷の感覚

lotus01この目に映るもの、この耳に聞こえるもの、この身に触れるもの ・・・
植物や動物(草、樹、花、哺乳類、鳥、魚、昆虫、微生物・・・)、鉱物 ・・・
大地、山、川、海、空、風、雨、雲、マグマ ・・・
星、惑星、銀河 ・・・

この世界に現れているものは、みんな違って見える。
でも、もっとよく見て、よく観察してみると、見えてくるものがある。
それは、観ることの限界を超えた先に見えてくる。

それは、何も無い。
だれど、すべてがそこにある、空間のようなもの。

それを、神と呼ぶ人もいる。それを、生命と呼ぶ人もいる。それを、源・故郷と呼ぶ人もいる。
それは、私たちのなかにもある。私たち自身も、それだ。

学術的なことを知らなくても、自然の中に入ると 自然との親しみを感じ、一体感を感じたことがないだろうか? 動物に触れたときは、どんな感じがするだろう?

ある力が動き出す。
それを誰が知ることができるのだろう?
でも、その力を自分の中で、感じることができる。
エネルギーが生まれ、周波数ができ、カタチに成る。私たちは、それを体験する。
そして、それを見ているものがあることに気づく。

生命の呼吸を感じるだろうか?
生命の鼓動を感じるだろうか?

吸って吐いて、ドクンドクン、拡大と収縮を繰り返し、行っては帰り、破壊と再生、生と死を繰り返す、一つの生命。
私もあなたも、共に呼吸し鼓動する、一つの生命の一部。

この世界は、生命であふれている。

なんて、豊かなんだろう!
なんて、力強いのだろう!
孤独なことがあるだろうか?
小さな自分にかまうことがあるだろうか?

みんな、一つの同じ生命なんだ。
一つなのだから、そこには対立するものはない。そこに、二極性はない。

何も決めつけることなく、ただあるがままにあるようにあれば、それは見えてくる。
そして、それを体験したとき、今ここが、故郷となる。

新たな世界が明けそめ
太陽のまばゆい光さえ翳らせて
苔むす廃墟からは
不思議な未来がほのかに光る
これまでありきたりだったものが
いまは珍しく不思議なものに見えてくる。
<全のなかの一、一のなかの全
草や石に記された神の御姿
人間や禽獣にやどる神の御霊
それこそ心に留めねばならない
もはや時空にしばられた秩序はなく
いまや過去のなかに未来が現れる>
愛の国の扉が開かれ
ファーベルは糸を紡ぎはじめる。
どの本性も始原の遊戯をはじめ
それぞれが力強い言葉を考えだそうとする
あの大いなる世界の心情が
いたるところで蠢きだし、とこしえに花と咲く。
万物がたがいにうまくからみ合い
つぎつぎと育って熟していく――
それぞれに一は全と混じりあい
むさぼるように奥深くまで潜みいり
自分独自の本性をよみがえらせ
新たな想念をいくつも得て
全のなかに姿を映す。

(参考:ちくま文庫「ノヴァーリス作品集2」ノヴァーリス作、今泉文子訳)