決められた性別を超えた“ワタシ”というあり方

yellow02「これからは、男性性の時代から女性性の時代になる」というのをよく聞きますが、それは、「女性が支配するということではない」、「今の社会構造のままで、ただ男性の立ち位置が女性に変わるだけということではない」 という意見に私は賛成です。

女性が支配するというのでは、相変わらず、“支配する者と支配される者”がいることになります。それに、女性であるというだけで、その人は、“優れている”というのでしょうか? そこにも相変わらず、“優劣”が存在しています。
本当に、これが新しい世界のカタチなのでしょうか?
ちょっと前まで、男性の方が優れているのだから女性は引っ込んでいろ、みたいなことから、今度は、女性の方が優れているのだから男性は引っ込んでいろ、というのでしょうか?

100%男性性の男性、100%女性性の女性は、いるでしょうか?
なぜ、男性だからとか、女性だからというだけで、差別をするのでしょう?
なぜ、違うというだけで、優劣をつけるのでしょう?

私は、一応、女性です。
一応というのは、身体は女性ですが、性格は女性寄りって感じはするけれど、確実にどっちかだけとは言い切れません。
そう想うのは、「女子って、○○が好きだよね。」 と言われても、「そうかなぁ? みんながみんな、そうってわけでもないんじゃない?」 と思うし、“女子会”という言葉にはゾッとするし、子どもの頃、自分のことを「わたし」ではなく「ぼく」と言っていたし、とにかく、「女性はこうじゃなきゃ。」みたいなことにはちょっと混乱します。髪が長くたって坊主だって、似合っていればいいのでは?
それから、「“女子力”の高い男性は、ちょっと変。」 みたいなのものもよくわからなくて、例えば、料理やお裁縫は、日々を生きる中で、男性でも女性でもある程度できた方が、自分だけじゃなく、人を助けたり喜ばせたりもできるだろうと思います。「頭がいい女性は、モテないよ。」みたいな言葉もそうで、頭が良ければ(ただお勉強ができるということじゃなくて)、それもまた自分だけじゃなく、人を助けたり楽しませたりもできるだろうと思います。

そもそも、あれこれ分類して、「こうあるべきだ」と囲いを作って押し込め、はみ出したものは認めないみたいなこと自体が、男性性の表れなのではないでしょうか。

性同一性障害(“障害”という言葉がなくなればいいのに・・・。)やLGBTという言葉以外に、第3の性、Xジェンダーという言葉があります。

Xジェンダー(X-gender)

出生時に割り当てられた女性・男性の性別のいずれでもないという性別の立場をとる人々を指す。女性・男性の性別のいずれでもない性別を区分するかぎりでは、中性というあり方、無性というあり方、両性というあり方、性別という枠組みから脱するといあり方、女性か男性か定まりきらない流動的であるというあり方など人により様々である。

― Wikipediaより。

それに、日本には彼・彼女のように男女を区別する言葉はありませんでした。西洋文学を翻訳するときに、heとsheを区別する言葉を使うようになったそうです。

「男性とはこう、女性とはこう」と、誰かが決めたイメージに従う必要はあるのでしょうか? その他にも、「大人とはこう」「子どもとはこう」「この年齢の人はこう」「この地域の人はこう」「この国の人はこう」「この団体の人はこう」・・・・・などなど、いろんなイメージが作り出されています。それは、とても窮屈に感じます。自分を変えてしまったり、誤解されてしまったりするかもしれません。自分を出せなくて苦しくなったり、本当の自分ってどんなだったかも忘れてしまうかもしれません。
それよりも、自分自身と向き合い、そこで見つけた“ワタシ”というあり方である方が、ずっと自然なことではないでしょうか。その方が、開放的に感じます。自分に嘘をつくことはなくなるし、相手に対しても、その人そのままを見ることができるようになるのではないでしょうか。

女性性の時代とは、何でも受け止めるくらいドンと構えた精神力の高い、存在しているだけですべてと繋がっているような大賢人、いや、肝っ玉母ちゃんみたいな、いや、ムーミンママみたいな、いや、笑顔のステキな人が、ステキな笑顔でいられる世界がいいなと想います。

もしわれわれが社会的な両性存在であるとしたら、男性と女性が社会的役割において本質的に完全に同等であるとしたら、法的にも経済的にも平等で、自由においても責任においても、そして自己評価においても同等であるとしたら、社会はまったく異なったものとなるでしょう。そうなった場合にいかなる問題が現れてくるかは皆目、見当がつきません。わたしにわかるのは、ともかく問題が生じるだろうということだけです。ただその中心的な問題は、まず間違いなく、現在の問題と同じものではありますまい。現在の中心的な問題は搾取です――女性に対する搾取、弱者に対する搾取、そして地球に対する搾取。現在の災厄的な状況の源は疎外であり、陰と陽の分離です。均衡と統合が追求される代わりに、支配への闘争が繰り広げられている。分裂が主張され、相互依存は拒絶される。現在のわれわれを破滅に落とし入れている価値の二元性――強者/弱者、支配者/被支配者、所有者/被所有者、行使者/被行使者といった二元性――これが果たして、わたしにとって、現在から見て遥かに健全で堅固な、より期待しうる様態と思えるもの、すなわち、統合と無欠の状態への道を護ることはありうるでしょうか。

(参考:サンリオSF文庫「夜の言葉 <性は必要か?>」アーシュラ・K・ル=グイン著、スーザン・ウッド編、山田和子・他訳)