自由へ

drop子どもの時 夢見たこと
今も 同じ夢に見ている
この大空に翼を広げ 飛んで行きたいよ
悲しみのない 自由な空へ
翼はためかせ

(参考:「翼をください」 作詞:山上路夫 作曲:村井邦彦)

自由とは、何だろう?
今、自由に生きているだろうか?

冬の夜の闇の中で
われらの目は夜明けの兆しを求める
凍てつく足枷をはめられていても
心は太陽を渇望する
こんなにも濃い闇に目を覆われ、
こんなにも固く縛りつけられていても
魂はそなたに呼びかける
われらの光に、われらの火に、われらの命になれ、
自由よ!

(参考:河出書房新社「ヴォイス 西のはての年代記Ⅱ」ル=グウィン著、谷垣暁美訳)

自由になりたいと言う人は、本当に自由を望んでいるだろうか?
どうして、自由になる方法を学ぼうとするのだろう?
自由について教える本や人があって、そこに書かれていることだけ、その人が言っていることだけに従えばいい、それ以外は間違っている。そうすることに、自由があるだろうか?
自由は、自分の自由を得るために、他人の自由を奪うことじゃない。
自由は、何かによって得られるものじゃない。
自由とは何かを知らなければ、たとえ、自由な世界になったとしても、それは苦痛になるかもしれない。

自由は、どこにあるのだろう?

自由は、逃げ出すことじゃなく、向き合うこと。
そこで、大きな力を知る。
自由は、いつか掴むものじゃなく、誰かがくれるものじゃなく、ずっと手にしていたもの。
そこで、大きな愛を知る。

「落ちることを学んだら、おまえは落ちることはないだろう。上もなければ下もない。だのにおまえはどこへ落ちるというのだ? 天体の星はたがいに接触することなく、それぞれの軌道で均衡をたもっている。星たちは親戚どうしだからな。私たちの場合だって、そうあるべきだ。私の一部は、おまえのなかにある。私たちは、おたがいでささえあうのだ。他のものに、ささえられることはないだろう。私たちは輪を描く星。だからすべてを捨てるんだ! 自由になれ!」
「どうすれば、おまえの言い分の正しいことがわかるんだ?」 と君は絶望して呼びかける。
「おまえ自身を出発点にして」 と彼はこたえる。 「なぜなら私はおまえのなかにあり、おまえは私のなかにあるからだ。真理ですら、真理どうしでささえあっていて、なにかにもとづいて立っているのではない」

(参考:岩波書店「鏡の中の鏡―迷宮― <10>」ミヒャエル・エンデ著、丘沢静也訳)

自由は、孤独と責任を伴う。
そこで、大きな成長を得る。
孤独といっても、それは、盲目的な集団意識から離れることであり、全体から切り離されるのではなく、むしろ、もっと深くて高い全体と一体となること。だから、そこに寂しさはない。

多くのサポートがある。
多くの残してくれたものがある。

でも、それは教えられるんじゃなくて、自分で気づくこと。
そうでなきゃ、何になるだろう?

そして、それは、いつかじゃなくて、今気づくこと。
だって、はじめからここにあったのだから。

さあ、自由を手に、どこへ行く?

翼を与え、心を燃えたたせるのは誰か
運命をも死をも恐れさせぬものは誰か
あの鎖を解き、あの堅牢な扉を
こわして外に出してくれるものは誰か
世紀、年、月、日、時
時間の娘と兵士ども ― そしてこの
館には鉄もダイヤも通用せぬ
それを可能にするものは情熱のみ
そこで私はしっかと翼をはって空中にとび立つ
水晶もガラスの壁も恐れずに
空を切って無限へと翔ける

(参考:岩波書店「無限、宇宙および諸世界について」ブルーノ著、清水純一訳)