仕事は遊ぶこと、自由な遊びをしよう、いろいろ観察してみよう(2)

suncatcherこの世界について、量や重さや距離など、数字で測ることができなければ、目に見えなければ、耳に聞こえなければ、納得しない人がいます。
例えば、死んだ人の体重を測ると、生きているときより、少し軽くなる。ということが示されたとき、やっと、人間は、身体の中に魂(言葉の表現は、これじゃなくてもかまいません。)が存在しているんじゃないかと考えるようになったり。
そうゆう人たちは、絵画を見たとき、どんなことを感じるのでしょうか?
そこに見えるのは、キャンバスと絵具だけなのでしょうか?
本を読むとき、そこに見えるのは、紙とインクだけなのでしょうか?

仕事は遊ぶこと、自由な遊びをしよう、いろいろ観察してみよう(1)」で取り上げた、色、形、音について、違う視点でみてみたいと想います。
でも、これは、いつもみんな体験していることです。知識ではなく、体験で知っていることです。意識を向けているか、いないかだけです。

では、色をじっくり観察してみましょう。
赤色と青色を用意します。(異なる色であれば、何色でもかまいません。)

赤色を見たとき、どんな感じがするでしょうか?
青色を見たとき、どんな感じがするでしょうか?
違うところはありますか?
赤色は、どんな音がしますか? どんな形ですか? どんな温度を感じますか? どんな匂いがしますか?
青色は、どんな音がしますか? どんな形ですか? どんな温度を感じますか? どんな匂いがしますか?
違うところはありますか?
赤色と青色の間に、何か感じるものはありますか?

では、それらは、どこで知ったのでしょう?

今度は、音をじっくり観察してみましょう。
2種類の違う音を用意します。高い音と低い音とか、金属を叩く音と木を叩く音とか・・・・・。
質問は、色のときと同じです。

その音は、どんな感じがしますか?
その音は、どんな色ですか? どんな形ですか? どんな温度を感じますか? どんな匂いがしますか?
2種類の音の間に、何か感じるものはありますか?

では、それらは、どこで知ったのでしょう?

次に、形をじっくり観察してみましょう。
2種類の形を用意します。○と△とか、□と☆とか・・・・・。
質問は、同じです。

その形は、どんな感じがしますか?
その形は、どんな色ですか? どんな音ですか? どんな温度を感じますか? どんな匂いがしますか?
2種類の形の間に、何か感じるものはありますか?

では、それらは、どこで知ったのでしょう?

私たちの世界には、他に、言葉、感情、思考があります。それらも周波数をもっています。この世界を創るものです。

言葉について、じっくり観察してみましょう。
2種類の言葉を用意します。海・山とか、フワフワ・チクチクとか、赤色・青色と書いた文字とか・・・・・。
その言葉を紙に書いてみましょう。声に出してみましょう。
質問は、同じです。

その言葉は、どんな感じがしますか?
その言葉は、どんな色ですか? どんな音ですか? どんな形ですか? どんな温度を感じますか? どんな匂いがしますか?
2種類の言葉の間に、何か感じるものはありますか?

では、それらは、どこで知ったのでしょう?

このサイトには、こうして言葉がたくさんありますが、みなさんには、何色に見えているのでしょうか?

感情について、じっくり観察してみましょう。
2種類の感情を用意します。嬉しい・悲しいとか、愛しい・憎らしいとか、美しい・醜いとか・
・・・・。
質問は、同じです。

その感情は、どんな感じがしますか?
その感情は、どんな色ですか? どんな音ですか? どんな形ですか? どんな温度を感じますか? どんな匂いがしますか?
2種類の感情の間に、何か感じるものはありますか?

では、それらは、どこで知ったのでしょう?

思考についても同じです。

答えを言いましょう。
答えは、しっかり目を開けて、内と外で知ることです。内と外の境界が消えたところで知ることです。
そして、今、体験して知りましたね。それです。

私たちには、多次元的に物事をみる力があります。数値だけで表すことができない世界があることを、赤色は、ただ“赤色”ということだけではないことを、さっき確認しました。

その力で、日々起きる出来事をみてみたら、どうみえるでしょう?
直線的、平面的、一次元的にみるのではなく、螺旋状にみたり、立体的、多次元的にみるのです。
そうしたら、これまで気づかなかったことが、みえてくるかもしれません。

では、チャクラの色分けは、どうしてそうなったのでしょう?
四大元素、または五大元素の色分けは、どうしてそうなったのでしょう?
戦隊もののヒーローたちの色分けは? ・・・・・
そのアイディアは、どこから来たのでしょう?

出来上がったものだけでなく、出来上がる前、出来上がる過程に意識を向けることも、とても大事です。

真っ白のキャンバスに向かったとき、何を感じるでしょうか?
静寂の空間に立ったとき、何を感じるでしょうか?

そこに、創造の鼓動を感じないでしょうか?

創造の源に手を伸ばし、静寂に創造の音を聴く芸術家(ものづくりをしている人)は、いつも世界の秘密に触れているのです。
子供たちも、また。

目を開けて、知ること。
目を閉じて、知ること。
世界の秘密は、隠されることなく、いつでもどこでも、今ここにある。