仕事は遊ぶこと、自由な遊びをしよう、いろいろ観察してみよう(1)

whitebird久しぶりに、モビールを作りました。

ゆらゆら左右に揺れながら、ゆっくり全体で回転をしてます。

左と右。闇と光。静と動。男と女。生と死。あなたとわたし。わたしと世界。・・・・・。
二つがバランスを取りながら、一つの中心をもって、大きく回転をしている。

この世界は、きっと・・・・・。

そこに、リュースター(サンキャッチャー)をつけました。

光は、無色? それとも、白色?
リュースターが、光をキャッチして部屋の壁に映し出されたのは、虹色だ。

どうやって、色がわかるんだろう?
それは、光が物質に当たって、反射したものを眼で見ているから。
全部反射したものが、白色で、全部吸収したものが、黒色に見える。
そして、光の屈折によって、虹色を見る。
私たちが見ているのは、白と黒、虹色の可視光とよばれる範囲だけ。
虹色の外側、紫色の向こうには、赤色の向こうには、何色があるんだろう?
それを感知できる(紫外線と赤外線(他にもあるけど))動物や昆虫は、この世界をどんな風に見ているんだろう?

私たちが見ているのもが、この世界のすべてじゃない。

この世界は、きっと・・・・・。

子供の頃に遊んだ、ぐるぐる定規(「スピログラフ」という、ちょっとカッコイイ名前があるそうです。)もやってみたくなりました。

ぐるぐるぐるぐる。 ぐるぐるぐるぐる。
ぐるぐるぐるぐる。 幾何学模様。
ぐるぐるぐるぐる。 花のよう。
ぐるぐるぐるぐる。 銀河みたい。
ぐるぐるぐるぐる。 ぐるぐるぐるぐる。

この世界は、きっと・・・・・。

あっ、外で鳥が鳴いている。

あれ? 音は、どうして聞こえるんだろう?
それは、空気が振動しているから。
音にも、私たちが感知できる範囲、可聴域というものがある。
私たちには聞こえない音で、イルカたちは、何を話しているのだろう・・・・・?

私たちが聞いているのもが、この世界のすべてじゃない。

この世界は、きっと・・・・・。

振動という言葉が出てきたけれど、光も振動している。物質も振動している。
その振動数、つまり周波数の違いによって、聞こえる音、見える色、形が違ってくる。

すべては、周波数。この世界を創るもの。

じゃ、それが生まれる前は、どうだったんだろう? それが消えた後は、どうなるんだろう?
それを全部、見ているものは?

そうか。この世界は・・・・・。

“子供の仕事は、遊ぶこと”  私が好きな言葉の一つ。

大人は、どうして遊びと仕事を分けるのだろう? そして、遊びを悪いもの、幼稚なもの、劣っていること、“役に立たないこと”とするのだろう?
“真剣な遊び”があるのに・・・・・。

遊ぶことは、想像力を使う。

単純な形の積み木遊びの中で、子供たちは物語をつくる。
丸い積み木は、太陽。月。池。優しい人。・・・・・。
四角い積み木は、車。船。机。頑固な人。・・・・・。
三角の積み木は、山。木。帽子。意地悪な人。・・・・・。
今度は、組み合わせて、家をつくる。お城をつくる。街をつくる。森をつくる。惑星をつくる。
王子さまにお姫さま。魔法使いに妖精たち。トリックスターの案内人。・・・・・。
ゴゴゴゴーッ。風が唸るよ。
バサバサバサッ。雨が降ってきた。
ピカッ、ゴロゴロゴロ。雷も。
キャー、大変! どうしよう。
ほら、あそこに明かりが見えるよ! 山小屋だ。あそこに行こう! ・・・・・。
さてさて、どんな物語になるだろう?

「いつまで、遊んでいるの! はやく片づけて、勉強しなさい! 悪い大人になっちゃうわよ!」

ママの一撃で、空想の世界は終わり。“善いこと”とされる現実に従うように要求される。
ああ、あとちょっとで、世界の秘密に触れられたかもしれないのに・・・・・。

泥んこ遊び、楽しいな。
ややっ、かえるさん。ややっ、とんぼさん。きれいなお色をしてるのね。
ねえねえ、お団子をつくったよ。こっちは、あんこのお団子で、こっちはねえ・・・・・。

「やだっ! こんなに汚して! キャーッ、かえるなんて触って気持ち悪いわ! 何を言ってるの! さあ、もう帰るわよ。パパに叱ってもらいましょう。」

ママの一撃で、世界から切り離される。
ああ、あとちょっとで、世界の秘密に触れられたかもしれないのに・・・・・。

内なる想像が、外への創造に繋がる。豊かな想像が、豊かな世界を創造する。
それなのに、想像力を抑えつけてしまったら、一体何が創造されるのだろう。
はたして、今のこの現実とされている世界は、すばらしい世界なのだろうか?

“イマジネーション”と言うとき、わたしが言っているのは、知的感覚的な精神の自由な遊び(フリー・プレイ)のことです。あそび(プレイ)とは、リクリエーション=再創造(リ・クリエーション)、つまり既知のものを組み合わせて新たなものを作り出すこと。自由(フリー)とは、それが目先の実益に執着しない自発的な行為であることを指します。だからといってしかし、これはその自由な遊びが目的を欠いているということではありません。むしろ、なにを目指すかはとても大切な問題です。子どものやる“ごっこ遊び”は明らかに大人の情緒や行動の手習いとなるものです。あそびを知らぬ子どもは大人にもなれません。他方、大人の心の自由な産物が、『戦争と平和』だったり相対性理論だったりするのです。つまるところ、自由は野放しとはちがいます。想像力(イマジネーション)の鍛錬は科学にとっても芸術にとっても不可欠な技巧であり、方法であります。
(中略)
いくつかの能力のなかでも、究極的に言って、イマジネーションとは最も深く、人間的な力のひとつではないかと思うのです。司書として、教師として、親として、作家として、いえ単にひとりの大人として、わたくしたちの子どもの内なるイマジネーションの力を助力し、最上の――吸収できるかぎり最も純粋で良質の養分を与えてやることによって、それがすくすくと伸び育ち、やがて月桂樹のようにみごとな緑をおいしげらせるようにしてやるのは、わたくしたち大人の心たのしい義務でもあります。そうして、いかなる場合にもけっして、それを抑えつけたり、あざわらったり、子どもっぽいだの男らしくないだのウソの話じゃないかなどと言ってはなりません。
なぜならば、言うまでもなくファンタジーは真実だからです。<事実>ではありません。でも<真実>なのです。子どもたちはそのことを知っています。大人たちだって知ってはいる。知っているからこそ、彼らの多くはファンタジーをおそれるのです。彼らは、ファンタジーの内なる真実が、彼らが自らを鞭うって日々を生きている人生の、すべてのまやかし、偽り、無駄な些事のことごとくに挑戦し、これをおびやかしてくることを知っているからです。大人たちは竜がこわい。なぜなら、自由がこわいからです。

(参考:サンリオSF文庫「夜の言葉 <アメリカ人はなぜ竜がこわいか>」アーシュラ・K・ル=グイン著、スーザン・ウッド編、山田和子・他訳)

目を開けて、知ること。
目を閉じて、知ること。
世界の秘密は、隠されることなく、いつでもどこでも、今ここにある。

子供たちは、遊びの中で多くのことを学びます。

そして、内なる世界と外の世界を十分遊んだ子供は、とても豊かな大人になるのではないでしょうか。
子供たちを、安全・安心の檻の中に閉じこめることは、本当に、安全・安心なことなのでしょうか?