誰の物語の中にいるのだろう? 本当の望みは何だろう?

yellow03歴史家: 「私の書いた本だ。書いてしまえば、それが歴史だ。」「私の最新作、フランス革命の本だ。」
王子さま: 「真実なの?」
歴史家: 「(What?)」
王子さま: 「真実」
歴史家: 「・・・・・つづりは?」

(参考:映画「The Little Prince ―星の王子様―」スタンリー・ドーネン監督、字幕翻訳・篠原有子)

私たちは、誰かがつくった物語の中にいるのだろうか?

永遠なのか本当か 時の流れは続くのか
いつまで経っても変わらない そんな物あるだろうか
見てきた物や聞いた事 いままで覚えた全部
でたらめだったら面白い そんな気持ちわかるでしょう

答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方
涙はそこからやって来る 心のずっと奥の方

「情熱の薔薇」 作詞・作曲:甲本ヒロト

これまで教えられてきた事は、本当のことだろうか?
私は、誰を演じているのだろう?

「ですが結局」 と若者は困りはてて言う。「結局、あいつは牡牛の頭なのです。怪物です、自然界の奇形です、人間を生贄として要求するものです!」
「どこから、そういうことを聞いたのですか」 と娘は穏やかたずねる。
「そうゆう噂です。みんながそう言います。王女様の御父君も。いや、あいつを産んだ御母君までもが」
「ええ、そう、昔からよくある話、いつもの」 と彼女はうんざりしてこたえる。「昔からよくある話によって、みんなは善悪の区別をしようとする。だが世界の記憶のなかでは、すべてはひとつで、必然なのです」
そして短い沈黙のあと彼女がつけ加える。「そして、もしも私たち人間がずっと前に世界の記憶をすべてなくしてしまっているとしたら、世界の記憶はすべてどこへ行くのでしょう?」
「ですが、ぼくより先にこの扉を通った者たちは」 と若者は混乱して叫ぶ。「あいつに呑みこまれてしまったのです!」
「私たちはだれの記憶もありません。その人たちがどうなったか、どうして私たちにわかるのですか?」

(参考:岩波書店「鏡のなかの鏡―迷宮― <30>」ミヒャエル・エンデ作、丘沢静也訳)

これまで、感動をよぶ物語は、どんなストーリーだっただろう?
・・・・・まずは、困難な状況や、苦労する場面。そして、そこから這い上がったり、救われる物語が多いきがする。
ヒーローが登場する物語には、他にどんなキャラクターが登場していただろう?
・・・・・やっぱり、悪役が登場して、最後には、その悪役をやっつける物語が多いきがする。

善と悪。光と闇。
お互いが必要で、がっしり手を繋いでいるようだ。
でも、その光は、本当の光だろうか? その悪は、本当に悪いだけなのだろうか?

この物語を続けようか? それとも、別の物語を綴ろうか?

登場人物たちは、みんな同じような顔や体型で、同じような性格にしてみよう。
舞台は、どこに行っても同じような土地で、変化のない日々にしてみよう。
この設定で、どんな物語が書けるかな?
・・・・・ホラーなら書けそうだけど、想像する範囲は狭くて、あんまり楽しくない感じがする。

じゃ、登場人物は、みんな個性豊かな存在たちにしよう。
そして、舞台も変化に富んだ場所にしよう。
この設定なら、どうだろう?
・・・・・何だか、楽しそうだ。次は何が起きるだろうかと、ドキドキワクワクしながら、想像を広げて書けそうだ。

それから、たくさん殺すことが、自己犠牲が、何かを奪って勝ち取ることがヒーローになるのではないのがいいな。
・・・・・だって、敵はいないもの。
感動をよぶ物語が、不幸自慢や、悲しみや苦しみから生まれるものではないのがいいな。
・・・・・だって、不幸な人はいないもの。
自然を敵にしないのがいいな。
・・・・・だって、一緒に生きているんだもの。

誰かがつくった物語を抜け出したら、そこで、何を見つけるだろう・・・・・?

さて、そこからどんな世界の物語を綴ろうか? どんな役を演じようか?

「わたくしが望みを統べる君と呼ばれていることは、知っているでしょう。」 まろやかな声がいうのが聞こえた。「さあ、どんな望みがありますか?」
バスチアンはちょっと考えてから、おそるおそるたずねた。
「ぼく、いくつまで望みをいっていいんですか?」
「いくらでも好きなだけ。――多ければ多いほどいいのです、バスチアン。それだけファンタージエンが豊かに、さまざまな形になるでしょう。」
バスチアンはこの思いがけない申し出にどぎまぎしてしまった。突然無限の可能性が目の前に開けてみると、望みはかえって一つも出てこなかった。
「ぼく、わからないな。」 バスチアンはとうとういった。
しばらくしんとしていたが、やがて小鳥のようにやさしい声がいった。
「それは困りましたね。」
「どうしてですか?」
「それではファンタージエンが生まれないからです。」
バスチアンは途方にくれてだまった。すべては自分しだいだということは、無制限な自由をたのしんでいるバスチアンに少し迷惑なことだった。
「どうしてこんなに暗いんですか、月の子(モンデンキント)?」 かれはたずねた。
「始めというものは、いつも暗いのです、バスチアン。」

(参考:岩波書店「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ作、 上田 真而子、佐藤真理子訳)

誰かがつくった物語を抜け出して、自分の物語を生きてみませんか?

勇気を出して。

暗闇に、何を見ますか?
静寂に、何を聞きますか?
自由を手に、どこへ行きますか?

世界は、いつでも、あなたの望みを待っています。

バスチアンはライオンに宝のメダルの裏に記された文字を見せてたずねた。「これは、どういう意味だろう? 『汝の 欲する ことを なせ』というのは、ぼくがしたいことはなんでもしていいっていうことなんだろう、ね?」
グラオーグランマーンの顔が急に、はっとするほど真剣になり、目がらんらんと燃えはじめた。
「ちがいます。」 あの、深い、遠雷のような声がいった。「それは、あなたさまが真に欲することをすべきだということです。あなたさまの真の意思を持てということです。これ以上にむずかしいことはありません。」
「ぼくの真の意思だって?」 バスチアンは心にとまったそのことばをくりかえした。「それは、いったい何なんだ?」
「それは、あなたさまがご存じないあなたさまご自身の深い秘密です。」
「どうしたら、それがぼくにわかるだろう?」
「いくつもの望みの道をたどってゆかれることです。一つ一つ、最後まで。それがあなたさまをご自分の真に欲すること、真の意思へと導いてくれるでしょう。」
「それならそれほどむずかしいことも思えないけど。」 バスチアンはいった。
「いや、これはあらゆる道の中で、一番危険な道なのです。」 ライオンはいった。
「どうしてだい?」 バスチアンはたずねた。「ぼくは怖れないぞ。」
「怖れるとか怖れないとかではない。」 グラオーグランマーンは声を荒げていった。「この道をゆくには、この上ない誠実さと細心の注意がなければならないのです。この道ほど決定的に迷ってしまいやすい道はほかにないのですから。」

(参考:岩波書店「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ作、 上田 真而子、佐藤真理子訳)

本当の望みは、何でしょう?

何をするために、ここへ来たのでしょう?