宇宙から地球を見てみたら・・・・・

flower30フラーは、「上」「下」という方位づけは地球上でしか有効でないという。宇宙で有効な方向づけは「内側に」「外側に」でしかないだろうという。そして、対談の合間に、即興の詩をサラサラと走り書きし、それが番組が終わった後でシュワイカートに渡した。シュワイカートはそれを今でも大切に持っているというが、次のような詩である。

それぞれの人にとって環境とは
「私を除いて存在する全て」
であるにちがいない。
それに対して宇宙は、
「私を含んで存在する全て」
であるにちがいない。
環境と宇宙の間のたった一つのちがいは、私・・・・・
見る人、為す人、考える人、愛する人、受ける人である私

(参考:中央公論社「宇宙からの帰還」立花隆著)

 

先日、NASAの宇宙飛行士に、宇宙へ行って何を感じたのかをインタビューした内容をまとめた「宇宙からの帰還」という本を読みました。
時代はスペースシャトルが飛び始める頃で、当時、宇宙飛行士になる人はエリート軍人で、NASAの職員・研究員も理系の科学者やエンジニアだったためか、地球に帰還した後の聞き取りはテクニカルな事ばかりで、精神的なことへの関心は無かったそうです。宇宙飛行士同士でも、心の深いところの話はしたことがなかったとか。
時代背景は一昔前の出来事かもしれませんが、宇宙飛行士の精神的な面から見た宇宙や地球に対する言葉は、今の私たちも、まだ耳を傾けなければいけないことだと感じました。はたして、私たちは、この頃よりも成長・成熟しているでしょうか・・・・・?

 

「眼下に地球を見ているとね、いま現に、このどこかで人間と人間が領土や、イデオロギーのために血を流し合っているというのが、ほんとに信じられないくらいバカげていると思えてくる。いや、ほんとにバカげている。声をたてて笑い出したくなるほどそれはバカなことなんだ」
― そういう認識はどこから生まれてくるんですか。
「これはそのとき感じたことじゃなくて、後から考えたことなんだが、地球にいる人間は、結局、地球の表面にへばりついているだけで、平面的にしかものが見えていない。平面的に見ているかぎり、平面的な相違点がやたらに目につく。地球上をあっちにいったり、こっちにいったりしてみれば、ちがう国はやはりちがうものだという印象を持つだろう。風土はちがうし、住んでいる人もちがう。人種もちがう。民族もちがう。文化もちがう。どこにいっても、何もかもちがう。生活様式から、食べ物、食べ方までちがう。どこにいっても、ちがいばかり目につく。しかし、そのちがいと見えるものすべてのものが、宇宙から見ると、全く目に入らない。マイナーなちがいなんだよ。
宇宙からは、マイナーなものは見えず、本質が見える。表面的なちがいはみんなけしとんで同じものに見える。相違は現象で、本質は同一性である。地表でちがう所を見れば、なるほどちがう所はちがうと思うのに対して、宇宙からちがう所を見ると、なるほどちがう所も同じだと思う。人間も、地球上に住んでいる人間は、民族はちがうかもしれないが、同じホモ・サピエンスという種に属するものではないかと感じる。対立、抗争というのは、すべて何らかのちがいを前提としたもので、同じものの間には争いがないはずだ。同じだという認識が足りないから争いが起こる」

(参考:中央公論社「宇宙からの帰還」立花隆著)

 

今、自分の目が見ているものだけが世界の全てではないことを知るこということは、とても大事なことではないでしょうか。短絡的にならず、いろんな角度から見て、より高く深く見てみると、これまでとは全く違う景色が見えてきます。そして、それには、静かに穏やかになることが必要だと思います。
宇宙飛行士の方々は、ミッションをこなしている間は、目の前のことだけで忙しすぎて何かを考えるという余裕もなかったけれど、ふとできた何もやることがない自分だけの時間に、宇宙を眺め、地球を眺めたとき、これまでの意識が大きく変わったことを経験したそうです。

そして、同じ宇宙空間の中でも、地球の軌道上でグルグル地球の周りを回るのと、地球の軌道を離れるという経験は、全然違うのだそうです。
私は経験できませんが、想像してみると、ちょっとわかるような気がしました。地球の軌道上では、まだ地球と手を繋いでいて、家の近所で遊んでいるような感覚で穏やかに観察できそうですが、軌道から離れた瞬間、地球と手を放したような、急に知らない土地に来て胸がキュッと締まるような郷愁に駆られながら地球を見るような感じがしました。でも、月の軌道からも離れたら、果てしない開放感を感じそうだなとも思いました。

それから、もし宇宙飛行士に詩人を選んだら・・・・・という箇所もありました。
もし、本当に実現したら、彼は何を書くのか・・・・・・。とても興味がわきましたが、本当の詩人であれば、物質的に宇宙に行かなくても、今この瞬間に彼は、“それ”を見るだろうとも思いました。

その他にも取り上げたい箇所はたくさんあるのですが、最後に一つ。

 

「宇宙船の窓から見ていると、ものすごいスピードで地球が目の前を回転していく。何しろ九十分でひとまわりしてしまうのだ。いまキリストが生まれたところを通りすぎたと思ったら、すぐにブッダが生まれたところにさしかかっている。国と同じくらい多くの宗教や教派がある。どの宗教も、宇宙から見ると、ローカルな宗教なのだ。それぞれの地域が、これこそ我々の精神的指導者、指導原理とあおぐものを持っているが、それはそれぞれの地域ではもっともらしく見えても、宇宙から見ると、それがほんとの普遍的精神的指導者、指導原理であるなら、そんなに地域地域でバラバラのはずがないと思えてくる。何かもっとローカリティを抜きにした共通のものがあるはずだと思えてくる。宇宙から地球を見ると、人為的な国境線というものを全く見ることができず、この下で百幾つの国家が分立して互いに対立抗争しているというのが、全く滑稽に見えるのと同様に、諸宗教間の対立がバカらしく見えてくるのだ。」
(中略)
「私は神とはパターンだと思っている。宇宙で私は人間や地球が取るに足りない存在であることを発見したといった。私が発見したことはそれだけではない。同時に、宇宙においては万物に秩序があり、すべての事象が調和し、バランスがとれており、つまりはそこに一つのパターンが存在することを発見した。昔から人間はそういう秩序、調和、バランス、パターンがあるということに気がつき、その背後に人格的存在を措定して、それにさまざまの神の名前を与えた。つまり、存在しているのは、すべてがあるパターンに従って調和しているという一つの現実であり、あらゆる神はこの現実をわかりやすく説明するために案出された名辞にすぎないということだ。あらゆる宗教の共通項としてあるのが、このパターンの存在だ。人格神の存在、あるいは人格神のメッセージを伝える預言者の存在は必ずしも宗教の必要条件ではない」
― しかし、ほんとうに世界は調和しているのだろうか。世界は永遠に継続するカオスでもあるという世界観もまた存在する。
「あるとき、ある場所がカオスに満ちているように見えるとうことはあるだろう。しかし、それはいずれ解消するカオスだ。あるいは全体を見通してみると、カオスと見えたものが実はカオスではなく、全体のハーモニーの一部であるのかもしれない。つまり、カオスは時間的にか、空間的にか、いずれにしろ部分的にのみ存在するものだと思う。」

(参考:中央公論社「宇宙からの帰還」立花隆著)