扉はもうすでに開いているから

冬至を過ぎ、カレンダーを見てみると、2016年もあと数日で終わりとなりました。いかがお過ごしでしょうか。

私は、個展を終えてから、区切りをつけて新たなスタートをきったので、いろんな所に行っていろんな出会いをしたり、新しいことに挑戦したり、土台を見直してみたり、吸収吸収、勉強勉強の毎日を過ごしています。

そして、伝えたかったことを書き終えてから、この新しい世界を生きる言葉は何だろう? 新しい世界で表現するものは何だろう? とずっと考えてきましたが、そのエネルギーを感じるだけで、まだはっきりとは見えていません。
なので、どうしようかな? と想いながら、writingに掲載している物語の断片を記事にアップしたり、パソコンでご覧になっている方は右側、タブレットの方もそうでしょうか? スマホの方は下の方かな? で、「ププラの庭」と題して、私の目が、私の外側と内側に見た日々の断片やメッセージを画像で、そして、すべては流れていくので保存することなく、毎日とはなっていませんがちょこちょこアップしてきました。

それから、先日オンラインショップもオープンしました。(※オンラインショップは閉店しました。)
現在は、個展「A Song of Twin Suns」に出していた本などを販売しています。
writingで全文読めますが、紙に印刷されたものをめくりながら読むと、また違った世界が見えてきます。
私は、物語を書くのはパソコンを使っていますが、ある程度できるとプリントアウトしてもう一度読み返します。そうすると、もっと広くて細かい風景が見えてくるので、そこで修正したり、書き足したりします。
やっぱり本は、紙媒体の方が、自分の呼吸と一緒に読めるので、私は好きです。
「そうだ!」と思い立ったときにすぐに開けるし、ちょうど開いたところが、偶然、今欲していたことだったっていうのも楽しめるし、匂いもあるし・・・。なので、是非この機会をご利用ください。
今後、オンラインショップで絵画作品の販売は行いませんが、ここでできることをいろいろ展開していけたらと想っています。

次の展示会に向けても動き出しています。会場も日程も決まっていませんが、開催することになりましたら、是非お越しください。
現在、新たな表現方法を模索中です。

 

もう扉は開いています。

今年は特に、区切りとなるような出来事や選択を迫られるような出来事がたくさん起きていたような気がします。私自身もそうでした。
でも、その中で、終わっていく世界に目を向けているのか、新たに始まっている世界に目を向けているのかで、世界は大きく違って見えるのではないでしょうか。

私たちは、そんなに弱くはありません。
本当の強さとは何かを、ちゃんと知っているはずです。それが、どこにあるのかも。
そして、それが、開いた扉の向こうを生きるために最も重要な原動力であるはずです。

真の平和を知っている人が最強だと、私は想っています。

 

それでは、また。

Thank you, ALL.

よいお年を。