“無”

“無” を恐れる人
“無” を恐れない人

“無” を前にして上げる声は
悲鳴か あるいは 歓喜か

“無” を恐ろしい怪物と描く人
“無” を穏やかな母性と描く人

“無” を前にして感じる鼓動は
早鐘のようか あるいは 凪のようか

沈黙を 恐れる人
静寂に 耐えられない人
何もしないことに 苛立つ人

それとは 全く別のことを感じる人がいる
全く逆 というのではない
無感動で 無気力なのでもない
感じるからこそ
全てで 全てを 感じるからこそ
沈黙を 恐れない
必要なことだけを 見極める

“無” を前にしてとる行動は
拒絶し 逃げ出すか あるいは 留まり 溶け合うか

“無” を無いと捉える人
“無” を有ると捉える人

“無” とは何か
それに答えがあるのなら
“無” は有る といことだろうか

“無” とは何か
それを恐れるのなら
“無” は有る ということだろうか

では “無” の中に入ったら
そこで 何を見るだろう
そこで 何を聞くだろう
そこで 何を感じるだろう

“無” は終わりか
“無” は始まりか

今 “無” を恐れる人たちが 世界中で猛威をふるっている
でも “無” を恐れない人たちも 世界中で猛威をふるっている
そして 本当に “無” を恐れない人たちが 目を覚ましている

“無” は墓場か
“無” は故郷か
あるいは “無” は・・・・・