崩壊と開放

“私”を 深く深く探っていくと
“私”が バラバラになって 消えてしまうのではないかという
予感の壁に当たる
“私”が 無くなるという感覚
それは 不安と恐怖
その先へ進むのをためらい 引き返したくなる

消えてしまうなんて嫌だ!
“私”は“私”でありたい!
でも・・・
あの先には 何があったのだろう?

“私”に 深く深く潜っていくと
“私”が フッと消えて どこにも存在しなくなるのではないかという
予感のベールに触れる
“私”が 無くなるという感覚
それは 歓喜と郷愁
その先へ手を伸ばし 一気に飛び込みたくなる

“私”が“私”であるために “私”を頑張って作っていたんだ!
“私”を知らないように “私”が壁を創り上げていたんだ!
“私”は“私” 決して消えて無くなりはしない!

崩壊と開放は 同時に起きる

外側にあった世界が どっと 内側に入ってくる
別々に見えていたものが 一つに見える
“私”が“私”に溶け込み “私”になる

崩壊と開放は 同時に起きる

さあ “私”に飛び込もう
恐れることはない

“私”は ずっと ここにいる

崩壊と開放は 同時に起きる

さあ “世界”を抱きしめよう
恐れることはない

新しい世界は もう ここにある