お知らせ・近況報告」カテゴリーアーカイブ

春の足音が聞こえてくる中、大きな声も鳴り響いて

空間が一変してフワフワしているような、身体も軽やかな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

外を歩けば、あちらこちらに春の気配がムンムンしていますが、まだ“権力”を使いたい方々の大きな声が聞こえてきます。
何だがもうコメディ映画を見ているよう。でも、一方で、「ほら、いい加減ちゃんと目を開けなさい!」と、言われているようにも感じます。「あなたは、どんな世界を望んでいるの? あなたの、本当の望みは?」と。これまで関心の無かった人たちのおしりを「ほらほら!」と、叩いているよう。
“悪い人”の役目は、豪快で荒々しい。でも、時に目を開かせ、真実を語る。「惑星<雨>」で出会ったクリークが、私の肩越しでクックッと笑っています。
私たちが、振り回されることなく歩み続ければ、混乱は無くなっていくのではないでしょうか。

本当に強い人とは、どんな人のことだろう?
本当に賢い人とは、どんな人のことだろう?

仲間外れの人がいるのではない。仲間外れを作っている人がいる。
自分が仲間外れだと想っている人もまた、仲間外れを作っている人だ。

 

「もっと大きな流れの中にあれば、そして、流れそのものであれば、不安ではなくなるわ。それはとても自然な変化だから。それに、流れに逆らった変化は不自然で苦しいけど、全く変わらないってゆうことも、とても不自然なことだわ。だって、この世界は常に変わり続けているもの。そして、その変化そのものだけが、変わらないんだわ。」
ソラは、ヴィーゼの言葉を全部理解することができなかったが、そっと背中を押してくれるような力を感じがした。そして、深呼吸をすると、問いを続けた。
「どうして、みんなと同じであることと、みんなと違うことが、善くないことだったり、劣っていることになるんだろうか?」
「私たちは元々同じだってこと、だからこそ一人一人に違いがあるんだってことを忘れてしまっているのよ。その違いはとてもすてきなことで、それがあるから、私たちは、お互いに与え合える。そして、そこに自由もあって、きっと変化することもそうで、わざわざみんな同じっていうカタチを作らなくたって、もう既にみんなであって、繋がっていて、同じで、一つで・・・。だから、やっぱりそこに優劣をつけるなんてできないはず。・・・でも、彼らは、忘れたものも忘れたことも忘れてしまう。そして、その忘れてしまったものは目に見えないから、彼らの目では見つけられない。彼らは、自分の目に見えるもの、耳に聞こえるもの、触れられるものだけがこの世界の全てだと、そう思い込んでいるから。・・・でも、ギフトのある浮島だって、丘の間を満たしている水で私たちと繋がっているわ。それに気づけば、彼らだって・・・。」

― writing: 惑星<雨>より抜粋。

 

それでは、また。

賢く、平和であれ。
春は、もうすぐそこ。

 

 

扉はもうすでに開いているから

冬至を過ぎ、カレンダーを見てみると、2016年もあと数日で終わりとなりました。いかがお過ごしでしょうか。

私は、個展を終えてから、区切りをつけて新たなスタートをきったので、いろんな所に行っていろんな出会いをしたり、新しいことに挑戦したり、土台を見直してみたり、吸収吸収、勉強勉強の毎日を過ごしています。

そして、伝えたかったことを書き終えてから、この新しい世界を生きる言葉は何だろう? 新しい世界で表現するものは何だろう? とずっと考えてきましたが、そのエネルギーを感じるだけで、まだはっきりとは見えていません。
なので、どうしようかな? と想いながら、writingに掲載している物語の断片を記事にアップしたり、パソコンでご覧になっている方は右側、タブレットの方もそうでしょうか? スマホの方は下の方かな? で、「ププラの庭」と題して、私の目が、私の外側と内側に見た日々の断片やメッセージを画像で、そして、すべては流れていくので保存することなく、毎日とはなっていませんがちょこちょこアップしてきました。

それから、先日オンラインショップもオープンしました。(※オンラインショップは閉店しました。)
現在は、個展「A Song of Twin Suns」に出していた本などを販売しています。
writingで全文読めますが、紙に印刷されたものをめくりながら読むと、また違った世界が見えてきます。
私は、物語を書くのはパソコンを使っていますが、ある程度できるとプリントアウトしてもう一度読み返します。そうすると、もっと広くて細かい風景が見えてくるので、そこで修正したり、書き足したりします。
やっぱり本は、紙媒体の方が、自分の呼吸と一緒に読めるので、私は好きです。
「そうだ!」と思い立ったときにすぐに開けるし、ちょうど開いたところが、偶然、今欲していたことだったっていうのも楽しめるし、匂いもあるし・・・。なので、是非この機会をご利用ください。
今後、オンラインショップで絵画作品の販売は行いませんが、ここでできることをいろいろ展開していけたらと想っています。

次の展示会に向けても動き出しています。会場も日程も決まっていませんが、開催することになりましたら、是非お越しください。
現在、新たな表現方法を模索中です。

 

もう扉は開いています。

今年は特に、区切りとなるような出来事や選択を迫られるような出来事がたくさん起きていたような気がします。私自身もそうでした。
でも、その中で、終わっていく世界に目を向けているのか、新たに始まっている世界に目を向けているのかで、世界は大きく違って見えるのではないでしょうか。

私たちは、そんなに弱くはありません。
本当の強さとは何かを、ちゃんと知っているはずです。それが、どこにあるのかも。
そして、それが、開いた扉の向こうを生きるために最も重要な原動力であるはずです。

真の平和を知っている人が最強だと、私は想っています。

 

それでは、また。

Thank you, ALL.

よいお年を。

 

 

象牙の塔の扉を開けて

sunset3日に日に空高く、色づく実に秋の深まりを感じる今日この頃、先日郵便局に行ったとき、貼られていた年賀状のポスターを見て、来年は年女なのか・・・・・。としみじみ眺めてしまいました。もう3周・・・まだ3周・・・・・? と。
そんなこんなで、個展「A Song of Twin Suns」開催まで、一週間となりました。

振り返ると、前回の個展から4年が過ぎていました。世界の様子も大きく変わりゆく中、みなさんは、どんな4年間を過ごされていたのでしょうか?
私はこの4年間、ほとんど人に会うことなく過ごしてきましたが、違った形での多くの出会いと、ここで学んだことは、とても大きなもので、それは、どんどん視界が開けていき、世界がますます輝き返してくれる。そんな体験をする日々でした。

私が学んだことは、力を使おうとすると疲れるけど、力そのものになれば疲れることはないってこと。許すことのできる人は、とても強いってこと。何かをすることよりも、どう在るかってことが大事だってこと。世界に影響を与えない人などいないってこと。すべてが関係し合っているってこと。完全な不完全と、そこにある自由と平等について。そして、“それ”について。
・・・もっと詳しく言葉で書こうとしたら、膨大なことになるので、過去の記事を読んでいただけたらと思います。でも、こうしてたくさんの記事を書いてきたけれど、私が知ったことは、結局、言葉で説明できないことです。だた、「そうか。」とわかっただけで、それを説明しようとすればするほど、どんどん離れていってしまうような気がします。上手く言おうとか、そんな想いも込めてしまったら、また離れてしまいそうです。なぜって、それは、言葉を超えた、例えるものの無い、思考を超えたところにあるからです。
そして、それは、特別な事じゃなくて、誰もが知ることのできることで、私もこれまでのことを振り返ったり、何気なくやっていたこと、普段の生活でいつもやっていることを注意深く見てみたりして分かったことだから、“それ”を知ったときは、それさえも超えたところでだったけど、特別な方法は無いし、新たに知ることじゃなくて、知っていることをただ知ることだから、もう書かなくてもいい時が来ることを願っています。これは、今だからじゃなくて、何百年も前から、いや何千年も前から、私たちが伝えてきたことだから。
当たり前が、当たり前になるように。・・・・・いや、もうそうなってるかな? この変化は、誰かの派手なパフォーマンスによって起きるのではなく、それぞれの中で起きることだから。

今、4年前の私はもう遥か彼方にいて、「いってらっしゃい。」と、笑顔で大きく手を振ってくれています。なので、準備体操も万全に、私もいよいよ象牙の塔から出ます。
これから、どんな風景を見られるのか、とても楽しみです。そして、このどこまでも伸びていく虹色の道で、またみなさんにお会いできることを本当に楽しみにしています。

 

それでは、また。

変化を恐れずに、新たなビジョンの種まきを。