力について」タグアーカイブ

想像しても創造しない

時々、思う。
どうして、創造のその先を想像しなかったのだろう? と。

「あなたは全人類のために怪物をほうむりされというが、それならむしろ怪物をとらえて、命を吹き込んだ直後にみにくく変化してしまった原因をさぐったほうがいいのではないですか? そして、同じ失敗が起きないように改良し、さらにすぐれた科学に進歩させたほうが、よっぽど人類のため・・・。」
「友よ、どうか、どうかばかなことをいわないでください! くだらない興味に身も心もまかせてしまうことが、どんなにおろかで危険なことか、わたしの話を聞いていて、あなたはまだわからないのですか!」
(中略)
「わたしも、自分を、なにか大きな事をなしとげる人間だと信じていました。しかし、そう信じながらつき進んできた結果がこれです。このわたしをよく見て、あなた自身のいましめにしてください。これがあなたの友としての、わたしからの遺言です・・・。」

(参考:講談社 青い鳥文庫「フランケンシュタイン」メアリー=シェリー著、加藤まさし訳)

フランケンシュタイン博士の言葉は、いつ届くのだろう・・・。

小説の中だけの話じゃない。
何年か前から耳にするようになった、ゲノム編集による「デザイナーベイビー」。気持ちの悪いことを考える人もいるものだ、と思っていたら、実行した人がいるというニュースを耳にした。
どうして、もっともっと想像しなかったのだろう? 創造しないという選択もあったのに。
でも、この人だけじゃない。
原子爆弾、原子力発電、人工降雨(気象コントロール)、抗うつ剤、・・・他にもいろいろ。
どうして、もっともっと想像しなかったのだろう? それは、創造ではなく、ただ破壊してるだけなのだと。
科学者だけじゃない。
自分の思い通りにならないから、相手を傷つける。DV、虐待、無差別殺人、ストーキング、いじめ。戦争も。
どうして、もっともっと想像しなかったのだろう? 愛されていない人などいないのに、その愛を自分で壊してしまっているのだと。自分自身の内側に目を向けないで、人のせいにしたり、社会のせいにしているままでは気づけない。生きているのは、あなただけじゃない。
普段の生活の中でだって。
買い物をするとき、手に取った商品を見て考えてみる。これは、身体にとって、環境にとってどうなのだろう? と。
もっともっと想像してみたら、これまでとは違った選択をするようになるかもしれない。

直感は大事。でも、ちゃんと考えることも大事。
それはエゴや欲望によるものじゃないかどうか、私たちにとって、未来の人々にとって、この世界にとってどうなのだろうと想像して、想像して、想像する。

思いやりのある人というのは、想像力が豊かな人のことだと思う。そして、良くないことだとわかった時には、ちゃんと止められる人、想像しても創造しないという選択ができる人ではないだろうか。

教授は夜を日に継いで、
大事業に熱中没頭。
それは ―なんにも発明しないこと。
幾年月の苦労のすえ、
たびかさなる実験は、
ついにのぞむ実りを結んだ。
次のモノを発明しなかった。
(専門誌が書くには)
みんな発明できたのに。

(参考:岩波書店「エンデのメモ箱 <発明しない者への讃歌>」ミヒャエル・エンデ著、田村都志夫訳)

 

 

箱の中身は何でしょう?

時々、思う。
空っぽは、存在するだろうか? 何かが生まれる前の世界には、何があったのだろう? と。

本棚から、久しぶりにSF小説を手に取りました。

「おい、聞けよ、キリール。中身の詰まった<空罐>が手に入ったら、どうする、え?」
「中身が詰まった<空罐>だと?」と訊き返して、彼は、おれがわけのわからんことでも言ったみたいに眉を寄せた。

(参考:早川書房「ストーカー」アルカジイ&ボリス・ストルガツキー著、深見弾訳)

この後、「あんたのあの液体磁気罠だよ、ほら、なんと言ったっけ・・・そう、物件77Bだ。ただし、中身は青っぽいどろっとしたものが入ってるだけだがね」と続き、それは普通に物質が入っている缶だったわけですが、この“中身の詰まった<空罐>”という表現は、とても好きです。

そういえば・・・。と、本棚からもう一冊取り出して、あれはどこだっけ? とページをめくります。

娘のキャロラインが三歳の時のこと、小さな手に小さな木箱を持ってやってきて、「コンナカニナニガハイッテイルカ、アテテゴラン!」という。わたしは、ケムシ、ネズミ、ゾウなど、つぎつぎに挙げた。しかし娘は頭を振り、得もいえぬ、凄味のきいた笑みを浮かべ、手にした箱をほんの少し、中が窺けるだけ開けてみせていわく、「マックラケ」

(参考:ハヤカワ文庫「風の十二方位 <暗闇の箱>」アーシュラ・K・ル・グイン著、佐藤高子訳)

何度読んでもニヤニヤしてしまいます。お決まりの反応をするだけになってしまった大人に、パッと別の世界を明かしてくれる子供のこういった行動や発想は、とても好きです。

箱と言えば・・・。と、別の本を手に取って。

シュレディンガーの猫の思考実験についていえば、箱のなかの猫が「生きている」と、「死んでいる」という二つの可能性が共存しているのは、箱の外にいる誰かにとってである。猫の視点では、現実はひとつしかない。

(参考:日経BP社「世界でもっとも美しい量子物理の物語 ―量子のモーメント」ロバート・P・クリース/アルフレッド・シャーフ・ゴールドハーバー著)

箱を開ける前の猫のΨ関数には、二つの可能性 ―猫が生きている可能性と死んでいる可能性― が重ね合わされているが、その様子は、背景から切り離されたアヒルウサギの絵と似ている。背景を与えること ―アヒルウサギを世界の「中へ」運び込むこと― は、観測や実験を行うことに似ている。アヒルウサギの絵が、人間の知覚にとって曖昧でないひとつの対象物に変化することは、波動関数の「収束」と似ている。このプロセスは、それほど摩訶不思議ではない。摩訶不思議になるのは、元の絵について、「これは何なのか?」と尋ね、背景のなかの知覚対象としてそれを捉えるときと同じような答えを要求するときだけだ。(中略)科学は予測機械のようなものだ。予測できるだけの十分な情報がないとき、科学は現状でわかっていることだけで、とりあえず終わりにする。シュレディンガーの猫には、そのような状況が表れているのである。

(参考:日経BP社「世界でもっとも美しい量子物理の物語 ―量子のモーメント」ロバート・P・クリース/アルフレッド・シャーフ・ゴールドハーバー著)

ニュートン的世界から量子的世界へ。
私たちの未来を決めているのは、誰だろう・・・?

箱を開けるとき、この中には何が入っているんだろう?(事前に知っていたとしても)と、想像してみる。
扉を開けるとき、この向こうにはどんな世界が広がっているのだろう?(毎日開けている扉だとしても)と、想像してみる。
あるいは、朝起きたら自分の身体が・・・虫になっている。そんなカフカの小説みたいになってしまうのは遠慮したいけれど、寝る前に明日はどんな自分でいるだろう?(別人になることはないとわかっているとしても)と、想像してみる。
そんなことするのは、面倒くさいだろうか? いや、馬鹿馬鹿しいって思うだろうか? そうじゃなくて、時間がない? ・・・本当に?

世界を狭くしてしまったのは、自分の想像力の放棄なんじゃないだろうか、と思う。自分で考えることを止めて、誰かが考えた世界に乗っかるだけになってしまっていないだろうか。
再び豊かな世界を取り戻すのは、やっぱり一人一人の豊かな想像力なのだと思う。
日々の当たり前になってしまった世界も、もっと丁寧に見てみれば、もっと違った世界が見えてくるはず。

さて、空っぽは、存在するだろうか?
それを、私はどうやって知ることができるだろう・・・。

 

 

力の行方

自分で考えることを止めたら
私は 何になるのだろう?

“大きな声”に 力を明け渡した人々が
“みんな”に 力を明け渡した人々が
今度は “機械”に 力を明け渡そうとしている

一体 誰のための 世界だろう・・・
なぜ 自由に選ぶという力を 使わないのだろう・・・

考えることを止めたら
人間は 何になるのだろう?

 

 

宇宙から地球を見てみたら・・・

flower30フラーは、「上」「下」という方位づけは地球上でしか有効でないという。宇宙で有効な方向づけは「内側に」「外側に」でしかないだろうという。そして、対談の合間に、即興の詩をサラサラと走り書きし、それが番組が終わった後でシュワイカートに渡した。シュワイカートはそれを今でも大切に持っているというが、次のような詩である。

それぞれの人にとって環境とは
「私を除いて存在する全て」
であるにちがいない。
それに対して宇宙は、
「私を含んで存在する全て」
であるにちがいない。
環境と宇宙の間のたった一つのちがいは、私・・・・・
見る人、為す人、考える人、愛する人、受ける人である私

(参考:中央公論社「宇宙からの帰還」立花隆著)

時々、思う。
私たちはみんな地球人なんだと認識したら、地球上での争いはなくなるのだろうか? と。
敵がいた方がいい人たちは、今度は地球の外に敵を探すようになるかもしれないけれど・・・。

NASAの宇宙飛行士に、宇宙へ行って何を感じたのかをインタビューした内容をまとめた「宇宙からの帰還」という本を読みました。
時代はスペースシャトルが飛び始める頃で、宇宙飛行士になる人はエリート軍人で、NASAの職員や研究員も理系の科学者やエンジニアだったためか、地球に帰還した後の聞き取りはテクニカルな事ばかりで、精神的なことへの関心はなかったそうです。宇宙飛行士同士の間でも、心の深いところまでの話はしたことがなかったとか。
時代背景は一昔前の出来事かもしれないけれど、宇宙飛行士の精神的な面から見た宇宙や地球に対する言葉は、今の私たちもまだ耳を傾けなければいけないことだと感じました。はたして、私たちはこの頃よりも成長・成熟しているだろうか・・・?

「眼下に地球を見ているとね、いま現に、このどこかで人間と人間が領土や、イデオロギーのために血を流し合っているというのが、ほんとに信じられないくらいバカげていると思えてくる。いや、ほんとにバカげている。声をたてて笑い出したくなるほどそれはバカなことなんだ」
(中略)
・・・宇宙からは、マイナーなものは見えず、本質が見える。表面的なちがいはみんなけしとんで同じものに見える。相違は現象で、本質は同一性である。地表でちがう所を見れば、なるほどちがう所はちがうと思うのに対して、宇宙からちがう所を見ると、なるほどちがう所も同じだと思う。人間も、地球上に住んでいる人間は、民族はちがうかもしれないが、同じホモ・サピエンスという種に属するものではないかと感じる。対立、抗争というのは、すべて何らかのちがいを前提としたもので、同じものの間には争いがないはずだ。同じだという認識が足りないから争いが起こる」

(参考:中央公論社「宇宙からの帰還」立花隆著)

今、自分の目が見ているものだけが世界のすべてではないことを知るこということは、とても大事なことなのではないだろうか。短絡的に物事を決めたりせず、いろんな角度から見て、より高く深く見てみることができれば、これまでとは全く違う景色が見えてくる。それには、静かに穏やかになることが必要です。争いばかりしていては、見えてこない。
宇宙飛行士の方々は、ミッションをこなしている間は目の前のことだけで忙しすぎて、何かを考えるという余裕もなかったけれど、ふとできた何もやることがない自分だけの時間に、宇宙を眺め、地球を眺めたときに、これまでの意識が大きく変わったことを経験したそうです。
私たちも、ふとした時に、急に問題の全体が見えて解決策を思いついたりするということは多いのではないだろうか。

また、同じ宇宙空間の中でも地球の軌道上でグルグル地球の周りを回っているのと、地球の軌道を離れるという経験は、全然違うのだそうです。
私は経験できませんが、想像してみました。
地球の軌道上ではまだ地球と繋がっていて、楽しく遊んでいるような感覚でいられそうだけれど、軌道から離れた瞬間、親しい人と手を放して、急に知らない土地に放り出されてしまったような寂しさと不安を感じ、そうやって月の軌道からも離れていったら、今度は果てしない解放感と同時に大きな何かに包まれていくようなあたたかい安心を感じがしました。

本の中には、もし宇宙飛行士に詩人を選んだら。という箇所もありました。本当に実現したら、彼は何を書くのか・・・。とても興味がわきましたが、本当の詩人であれば、物質的に宇宙に行かなくても、今この瞬間に彼は“それ”を見るだろうとも思いました。

「宇宙船の窓から見ていると、ものすごいスピードで地球が目の前を回転していく。何しろ九十分でひとまわりしてしまうのだ。いまキリストが生まれたところを通りすぎたと思ったら、すぐにブッダが生まれたところにさしかかっている。国と同じくらい多くの宗教や教派がある。どの宗教も、宇宙から見ると、ローカルな宗教なのだ。それぞれの地域が、これこそ我々の精神的指導者、指導原理とあおぐものを持っているが、それはそれぞれの地域ではもっともらしく見えても、宇宙から見ると、それがほんとの普遍的精神的指導者、指導原理であるなら、そんなに地域地域でバラバラのはずがないと思えてくる。何かもっとローカリティを抜きにした共通のものがあるはずだと思えてくる。
(中略)
「あるとき、ある場所がカオスに満ちているように見えるとうことはあるだろう。しかし、それはいずれ解消するカオスだ。あるいは全体を見通してみると、カオスと見えたものが実はカオスではなく、全体のハーモニーの一部であるのかもしれない。つまり、カオスは時間的にか、空間的にか、いずれにしろ部分的にのみ存在するものだと思う。」

(参考:中央公論社「宇宙からの帰還」立花隆著)

 

 

必要なことだけを

sun時々、思う。
この世界を動かしているのは、どんな力なのだろう? と。

旅行に行ってきた人に見せてもらったパンフレットの片隅に、こんな言葉があった。

DOING NOTHING IS DOING ALL

(参考:「倉敷珈琲館」パンフレット)

行動をすることが、世界を動かす全てじゃない。

そこに、エゴが入っていたらどうなるだろう?
自分が善いことだと思ったことでも、別の人にとっては善いことではないこともある。人間にとって善いことだと思ったことでも、地球にとっては善いことではないこともある。

何もしないことが、世界を動かすこともある。

世界が、世界自身で世界を動かす。
それによって、それぞれの治まるべきところに治まることができるのではないだろうか、と思うことがある。
地球が望むようにやらせてあげればいいじゃないか、と必死に抗おうとしている人たちを見かけると、そう思うことがある。
世界の真の目的を、誰が知ることができるだろう・・・。
私たちは、自然が日々教えてくれていることに、もっと耳を傾けなければいけないんじゃないだろうか。私たちは、完璧じゃない。それを常にわかっていることも、とても大事なんじゃないだろうか、と思う。

エゴと、本当の意志を見極めなければいけない。
この世界と共に生きているはずの私たちは、ここで何をしているのだろう・・・?

「いいかね、アレン、何かするということは、簡単に石ころでも拾って、投げて、あたるかそれるかして、それでおしまい、などと、そんな、若い者が考えるようなわけにはいかないんだ。石が拾い上げられれば、大地はそのぶん軽くなる。石を持った手はそれだけ重くなる。石が投げられれば星の運行はそれに応え、石がぶつかったり、落ちたりたりしたところでは、森羅万象、変化が起きる。何をしても、全体の均衡にかかわってくるんだ。一方、風も海も、水や大地や光の力も、それから、けものや緑の草木も、すべてこれらのなすことは首尾よく、正しく行なわれている。いっさいは均衡を崩さぬ範囲でな。暴風や巨大なクジラの潜水に始まり、枯葉が舞い落ちたり、ブヨが飛んだりするのまで、こうしたものは何ひとつ全体の均衡を崩したりはしないんだ。ところが、わしらときたら、今いる世界や、人間同士たがいを支配する力を持っており、そうである限りわしらは、木の葉やクジラや風がその本性にのっとって、ごくごく自然にやっていることを、その気になって学ばなければならない。わしらはどうしたら均衡が保たれるか、それを学ばなければならないのだよ。知性があるのなら、あるように行動しなければ。選択が許されているのなら、それなりの責任を持って行動しなければ。ほめたり、罰したり、そりゃ、このわしにその力がないわけではないが、しかし、そんなことをして人間の運命をいじくりまわすなんて、このわしがいったい何者だと言うんだね。」
「だけど、それなら、」 若者は星空をにらんで言った。「その均衡というのは、何もしないでいれば保たれるというのですか。必要なら、たとえその行為の結果のすべてを予測できなくても、人は踏みきってやってしまわなければならないのではありませんか?」
「心配するな。人間にとっては、何かをすることのほうが何もしないでいることより、ずっと容易なんだ。わしらはいいことも悪いこともし続けるだろう。・・・・・しかし、もしも昔のように、また王があらわれて、大賢人の意見を求め、このわしがその大賢人だったら、わしはこう言うつもりだ。『殿よ、何もなさいますな。そうすることがよきことと思われますゆえ。殿がなさらねばならぬこと、それしか道がないこと、ただそれだけをなさいますように。』・・・・・。」
(中略)
アレンは敬愛と、畏怖の念を抱いて大賢人をながめ、(この方は自分などの手の届かないところにおられる)と思った。ところが、じっと大賢人の顔を見つめているうちに、アレンはじっと、その顔を照らすものが、人間の顔をしわまでも消してくまなく照らすあの冷たい魔法の光ではなく、自然界の光そのものであることに気がついた。夜が明けたのだ。朝の日の光が今あまねくあたりを照らし始めたのだ。大賢人の力より、さらに偉大な力があったのだ。

(参考:岩波書店「さいはての島へ ゲド戦記Ⅲ」ル=グウィン作、清水真砂子訳)