誰もが受信機であり送信機」タグアーカイブ

テーブルの上

真っ白い廊下を 赤いワンピースを着た裸足の少女が 走って行く
片側に幾つもの扉が並び 少女は扉を開けた

部屋の中には 大きなテーブルがあった
望遠鏡 顕微鏡 計量器 定規 薬品 試験管やピンセットなどのいろいろな実験用具
そして 化学式と数式が書かれたメモが ぐちゃぐちゃに丸められていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなテーブルがあった
地球儀 世界地図 化石 骨格標本 積み上げられた分厚い古い本
そして 一枚の年表が びりびりに破かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 小さなテーブルがあった
ランプ インク ペン
そして 一編の詩が書かれた羊皮紙が 置かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は プレゼントを受け取るように その羊皮紙を手にすると
大事そうに ポケットにしまった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 一枚のキャンバスが イーゼルに立てかけられていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は キャンバスに近づくと しばらく眺め
そして ぎゅっと抱きしめた
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなコンピュータがあった
「Hello.」 モニターに映し出された つるっとした人間の顔が話しかけた
「Hello. Who are you?」 少女はコンピュータに話しかけた
「I don’t understand the question. Could you tell me more?」
「Where are you from? Where are you going?」
「I don’t understand the question. Could I have more information?」
少女は けらけらと声を立てて笑った
すると コンセントが抜け 真っ暗になったコンピュータは もう何も言わなくなった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

「We are going to “FOREST”!」
少女は 廊下の突き当たりの扉を開けた
少女の裸足の足が 穏やかにそよぐ草原に触れ
少女の目は 遠くに佇む森を見つめた
燦々と降り注ぐ陽を浴びて 少女は走って行った

陽光が照らすテーブルの上に 小さな白い羽が舞い降りた
はたと 物語を書く手を止め
大人になった少女は 部屋を出た

 

 

世界との関係を再び取り戻すために

「早く歩きすぎた」とインディアオは話した。「だから、われわれの魂が追いつくまで、待たなければならなかった」
わたしたち、つまり工業社会の“文明”人は、この“未開な”インディオから多くを、とても多くを学ばなければならないと思う。外なる社会の日程表は守るが、内なる時間、心の時間に対する繊細な感覚を、わたしたちはとうの昔に抹殺してしまった。ここの現代人には選択の余地がない。逃れようがないのだ。わたしたちはひとつのシステムを作り上げてしまった。ようしゃない競争と殺人的な成績一辺倒の経済制度である。一緒になってやらない者は取り残される。昨日モダンだったものが今日は時代おくれと言われる。舌を垂らしながら、わたしたちは他の者を追いかけ、駆けているが、しかしそれは狂気と化した円舞なのだ。一人が駆ける速度を高めると、みんな速く走らなければならない。それを進歩とよんでいる。

<参考:ミヒャエル・エンデ著「エンデのメモ箱」より「考えさせられる答え」田村都志夫訳(岩波書店)>

 

私たちは、何をそんなに急いでいるのだろう? 何にそんなに必死に合わせようとしているのだろう?

確かに、急がなくちゃいけないという感じはある。それもだいぶ危機迫った感じで。でも、それは何かを開発することや規則を作らなければならないというのではなく、もっと根源的なものが脅かされているという切迫感。ここ最近、黄金の風が吹き荒れて、そのソワソワ感に強烈に襲われることがある。きっと私だけじゃないんだろう。
もう書いたのだからいいだろうと思っていたのに、こうしてこうゆうことをまた書いているのは、世界はどうなってしまうのだろうと不安に感じている人が一層増えてきているからなのかもしれない。大規模な自然災害だけではなく、人の心が壊れてしまっているのが、多くの人の目に見えるように表に出てきているのだし。心の崩壊から、大きな災害が起きているともいえるけれど。不安に思うってことは、気づいたってことでもある。だから、これじゃいけないと立ち上がろうとしている人も増えてきているのかもしれない。

 

奇妙にも、聖書に同じような文章を見つけた。「世界を手に入れても、魂をきずつければ、何の得だろう」(「マタイ福音書」十六章二十六節)。ああ、魂がなんだというのだ! 魂など、とうの昔に道すがらどこで忘れてきてしまった。未来の世界は完璧に楽で、完璧に本質を喪失した世界になるだろう。そう思いませんか?

<参考:ミヒャエル・エンデ著「エンデのメモ箱」より「考えさせられる答え」田村都志夫訳(岩波書店)>

 

便利さを優先してきた結果、ちょっとでも不便なことがあるとすぐに苛立つ。ちょっと前までそれが無くても苛立つことなんてなかったのに。
レンジでチンで何が分かるだろう? それは、身体を心を健康にするだろうか。料理をすることでも、気づくことはたくさんあるのに。
もちろん、新しい開発をしない方がいいってことじゃない。心を伴った、世界との関係性を保ったものであれば歓迎したい。

土に触れよう。太陽に手をかざそう。土は、汚くないよ。太陽は、壊したりしないよ。さあ、新鮮な水を飲もう。ほら、聞こえるようになったでしょう? これが、星々の、太陽の、そしてこの星のうた。
急がず急ごう。風は吹いている。黄金の風が、今。
あなたの内で力強く鼓動するもの、底なしに温かく輝くもの。それを感じたなら、ほら、見えるようになったでしょう? これが、この世界。
急がず急ごう。風は吹いている。黄金の風が、今。

私たちは、世界を変えた。だから、これからだって変えられる。一人一人の選択で。
あなたは、どんな世界を生きたい?

 

襟足の匂いが風に乗って漂ってくる
どてらのような民族衣装
陽なたくさい枯れ草の匂い

何が起ころうと生き残れるのはあなたたち
まっとうとも思わずに
まっとうに生きているひとびとよ

<参考:茨木のり子著「永遠の詩02 茨木のり子」より「時代おくれ」(小学館)>

 

「瞳の中の物語―ソレイユの泉―:3.心臓」より「この内に流れるもの」

pupilおまえの中に 流れるものは何か
おまえの中に 森の 風の 海の 空の 山の 川の 血が流れている
おまえの中に 木々の 花々の 星々の 血が流れている
おまえの中で 拍動するものは何か
おまえの中で 世界を創るのは何か
おまえの中で おまえを見るのは何か
おまえの中に 我らはある

我らは うたい続ける
我らは 再び向き合う時を待っている

 

― writing: 「瞳の中の物語―ソレイユの泉―」より抜粋