狭間の旅」タグアーカイブ

テーブルの上

真っ白い廊下を 赤いワンピースを着た裸足の少女が 走って行く
片側に幾つもの扉が並び 少女は扉を開けた

部屋の中には 大きなテーブルがあった
望遠鏡 顕微鏡 計量器 定規 薬品 試験管やピンセットなどのいろいろな実験用具
そして 化学式と数式が書かれたメモが ぐちゃぐちゃに丸められていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなテーブルがあった
地球儀 世界地図 化石 骨格標本 積み上げられた分厚い古い本
そして 一枚の年表が びりびりに破かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 小さなテーブルがあった
ランプ インク ペン
そして 一編の詩が書かれた羊皮紙が 置かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は プレゼントを受け取るように その羊皮紙を手にすると
大事そうに ポケットにしまった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 一枚のキャンバスが イーゼルに立てかけられていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は キャンバスに近づくと しばらく眺め
そして ぎゅっと抱きしめた
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなコンピュータがあった
「Hello.」 モニターに映し出された つるっとした人間の顔が話しかけた
「Hello. Who are you?」 少女はコンピュータに話しかけた
「I don’t understand the question. Could you tell me more?」
「Where are you from? Where are you going?」
「I don’t understand the question. Could I have more information?」
少女は けらけらと声を立てて笑った
すると コンセントが抜け 真っ暗になったコンピュータは もう何も言わなくなった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

「We are going to “FOREST”!」
少女は 廊下の突き当たりの扉を開けた
少女の裸足の足が 穏やかにそよぐ草原に触れ
少女の目は 遠くに佇む森を見つめた
燦々と降り注ぐ陽を浴びて 少女は走って行った

陽光が照らすテーブルの上に 小さな白い羽が舞い降りた
はたと 物語を書く手を止め
大人になった少女は 部屋を出た

 

 

「バース・クライ The Birth Cry of the New World:第四章」より「探究者への賛歌」

new-storyマザー・アース ファーザー・スカイ
天と地の間に生きる我らに
与えられし恵みに 感謝します

グランド・マザー グランド・ファーザー
天と地の間に生きる我らは
境界を越え来たる者を 歓迎します

道を求め 橋をかける者に 祝福を

ププラの創造に 栄えあれ

 

― writing: 「バース・クライ The Birth Cry of the New World」より抜粋

 

 

世界の縁で探索中

searching世界の縁で探索中

常に古くて常に新しい草原が どこまでも広がっている
私は 時の終わりと時の始まりを超えた今 新しい世界の欠片を探している

静寂の音が満ちている
そして 今にも何かが産声を上げそうな気配が満ちている

不意に風が吹いた
それと同時に 視線の先に キラリと光るものを見つけた
私は そこへ走っていくと 小さな海を拾った

掌の中で 小さな波が 時をつくりだした
私が瞬きをすると 掌の中の小さな海は 渦を巻きはじめた
ぐるぐると渦を巻く海は 一回転する度に ぐるぐると私の掌の中に入っていった
小さな海が 見えなくなると
私は 海になった

明るくて暗い海の中で 小さな光が瞬いている
私は その光に近づいていった
それと同時に 私は その光景を見ていた

光は 近づいていくと 色とりどりに一層輝きだした
そっと手を伸ばすと 私の手は その光の色に染まった
そして 光は 一気に私を包み込んだ

その光景を見ている私の目の前に その光が迫って来ると
私は 光になった

何色でもあって何色でもない光の中で 小さな暗闇がたたずんでる
私は知っている あれも私だと
私は その小さな暗闇に両手を伸ばした
小さな暗闇は 避けるように遠ざかった

私はもう一度 両手を伸ばした
小さな暗闇は ぶるっと身震いすると 一気に私を飲み込んだ
私は 暗闇になった

静寂の音が満ちている
そして 今にも何かが産声を上げそうな気配が満ちている

常に古くて常に新しい草原が どこまでも広がっている
私は 時の終わりと時の始まりを超えた今 新しい世界の欠片を探している

世界の縁で探索中
また ここへ来てしまった

世界の縁で探索中
この向こうにあるはずなんだ

世界の縁で探索中
まだ 見えない

世界の縁で探索中
知っているのに・・・・・

世界の縁で探索中

常に古くて常に新しい草原が どこまでも広がっている
私は 時の終わりと時の始まりを超えた今 光を掲げて 新しい世界の欠片を探している

声が聞こえた

もうすぐここへ 光を掲げた みんなが来る