世界の見方」タグアーカイブ

箱の中身は何でしょう?

本棚から、久しぶりにSF小説を手に取りました。

「おい、聞けよ、キリール。中身の詰まった<空罐>が手に入ったら、どうする、え?」
「中身が詰まった<空罐>だと?」と訊き返して、彼は、おれがわけのわからんことでも言ったみたいに眉を寄せた。

<参考:アルカジイ&ボリス・ストルガツキー著「ストーカー」深見弾訳(早川書房)>

この後、「あんたのあの液体磁気罠だよ、ほら、なんと言ったっけ・・・・・そう、物件77Bだ。ただし、中身は青っぽいどろっとしたものが入ってるだけだがね」 と続き、“中身の詰まった<空罐>”は、普通にモノが入っている缶だったわけですが、この“中身の詰まった<空罐>”という表現は、とても好きです。

そういえば・・・。と、本棚からもう一冊取り出して、あれはどこだっけ? とページをめくります。

娘のキャロラインが三歳の時のこと、小さな手に小さな木箱を持ってやってきて、「コンナカニナニガハイッテイルカ、アテテゴラン!」という。わたしは、ケムシ、ネズミ、ゾウなど、つぎつぎに挙げた。しかし娘は頭を振り、得もいえぬ、凄味のきいた笑みを浮かべ、手にした箱をほんの少し、中が窺けるだけ開けてみせていわく、「マックラケ」

<参考:アーシュラ・K・ル・グイン著「風の十二方位」から「暗闇の箱」佐藤高子訳(ハヤカワ文庫)>

何度読んでも、この出来事はニヤニヤしてしまいます。お決まりの反応をしてしまう大人に、パッと別の世界を明かしてくれる子供のこういった行動や発想は、とても好きです。

箱と言えば・・・。と、別の本を手に取って。

シュレディンガーの猫の思考実験についていえば、箱のなかの猫が「生きている」と、「死んでいる」という二つの可能性が共存しているのは、箱の外にいる誰かにとってである。猫の視点では、現実はひとつしかない。

<参考:ロバート・P・クリース/アルフレッド・シャーフ・ゴールドハーバー著「世界でもっとも美しい量子物理の物語ー量子のモーメント」(日経BP社)>

箱を開ける前の猫のΨ関数には、二つの可能性ー猫が生きている可能性と死んでいる可能性ーが重ね合わされているが、その様子は、背景から切り離されたアヒルウサギの絵と似ている。背景を与えることーアヒルウサギを世界の「中へ」運び込むことーは、観測や実験を行うことに似ている。アヒルウサギの絵が、人間の知覚にとって曖昧でないひとつの対象物に変化することは、波動関数の「収束」と似ている。このプロセスは、それほど摩訶不思議ではない。摩訶不思議になるのは、元の絵について、「これは何なのか?」と尋ね、背景のなかの知覚対象としてそれを捉えるときと同じような答えを要求するときだけだ。(中略)科学は予測機械のようなものだ。予測できるだけの十分な情報がないとき、科学は現状でわかっていることだけで、とりあえず終わりにする。シュレディンガーの猫には、そのような状況が表れているのである。

<参考:ロバート・P・クリース/アルフレッド・シャーフ・ゴールドハーバー著「世界でもっとも美しい量子物理の物語ー量子のモーメント」(日経BP社)>

ニュートン的世界から量子的世界へ。

箱を開けるとき、この中には、何が入っているんだろう?(事前に知っていたとしても)と、想像してみる。
扉を開けるとき、この向こうには、どんな世界が広がっているのだろう?(毎日開けている扉だとしても)と、想像してみる。
あるいは、朝起きたら自分の身体が・・・・・虫になっている。なんてカフカの小説みたいになってしまうのは遠慮したいですが、寝る前に、明日はどんな自分でいるだろう?(別人になることは無いとわかっているとしても)と、想像してみる。
そんなことするのは、面倒くさいだろうか? いや、馬鹿馬鹿しいって思うだろうか? そうじゃなくて、時間が無い? ・・・・・本当に?
でも、世界を狭くしてしまったのは、自分の想像力の放棄じゃないだろうか。再び世界を取り戻すのは、やっぱり一人一人の豊かな想像力なのだと思います。
日々の当たり前になってしまった世界も丁寧に見てみれば、もっと違った世界が見えてくるかもしれません。

さて、
空っぽは、存在するだろうか?

 

「青と黄金と虹:#4」

あなたが 黄金の矢を 放つ
私は 瑠璃色の血を 流す

虹色の叫びは 世界を壊し
虹色の沈黙は 世界を創る

私が 黄金の矢を 放つ
瑠璃色の宙が 引き裂かれる

虹色の涙が 世界を癒す

始めから 終わっていたの?
終わりは 始まっていないの?

何も始まっていない
何も終わっていない

黄金の花
瑠璃色の蜜

虹色の蝶が 舞う

 

― writing: 「青と黄金と虹」より抜粋

 

 

「A Song of Twin Suns:#4」より「この目が見る世界」

おまえの目に 何が見える?
おまえの見る世界は どこから来た?
おまえの見た世界は どこへ行く?
おまえの目に 何が見える?
おまえの目が 今 見ている世界は 何か?
記憶の中で 見ている世界か?
空想の中で 見ている世界か?
眠りの中で 見ている世界か?
それとも おまえ自身が こうあれと望む世界か?
あるいは 誰かによって 教えられた世界か?
おまえの目に 何が見える?
おまえの外で 触れることのできる世界だけが 存在しているのか?
おまえの内で 触れることのできない世界は 存在していないのか?
おまえは 今 どこにいる?
記憶の中か? 空想の中か? 眠りの中か?
それとも おまえ自身が こうあれと望む世界か?
あるいは 誰かによって 教えられた世界の中か?
ここ とは どこだ?
今 とは いつだ?
おまえの目に 何が見える?
おまえは 今 どこにいる?

 

writing:「A Song of Twin Suns」より抜粋