voice」カテゴリーアーカイブ

視力

選んでいるようで 選ばされている
望んでいるようで 望まされている
利用しているようで 利用されている
見ているようで 見せられている

取り戻した視力で世界を見てみれば
そのトリックが見えてくる

育てているようで 育てられている
教えているようで 教えられている
生きているようで 生かされている
見ているようで 見られている

取り戻した視力で世界を見てみれば
そのパラドックスが見えてくる

必要ないのに 必要だとされる
問題ないのに 問題があるとされる
足りているのに 足りていないとされる
見ているようで 見えなくさせられている

取り戻した視力で世界を見てみれば
そのギフトが見えてくる

私たちの目が見ているもの
それは どこからやって来たのか
内なる視力で世界を見てみれば
見ていた世界の崩壊と同時に
自ら立ち上がる世界の姿に 目を奪われるだろう

 

 

物質の惑星

自分達の不便を解消しようと もっと幸福を得ようと
内側の力を外側に 道具を施設をシステムを作りだした
そして 外側の多大な発展と共に 内側の力が失われていった

でも ここは地球
内側の要求を 外側に生み出す場
だから それでいいじゃないか

でも ここは宇宙の中の地球
外側の体験を通して それを超える内側の力を呼び覚ますことができる場
だから それを目指してもいいじゃないか

さあ 両手を広げて 大いにこの世界を楽しもう
この地に生まれ この地を去るその時まで
この内側と外側の大いなる循環の輪の中で 真に豊かな創造を今こそここに

 

 

愛の人

愛されたいと 願う人がたくさんいる
愛されたくて 相手を束縛する 注文をつける 攻撃する
愛されたくて 相手に自分を明け渡す 着飾る 目をつぶる
どうしたら 私を愛してくれるの?

愛して欲しかったと 嘆く人もたくさんいる
生まれた環境が悪かった 両親の育て方が悪かった
社会の仕組みが悪かった 人間関係が悪かった
だから 私は愛を知らない 信じない もう諦めた

地球は どうだろう?
愛されなくても ここにいてくれる
愛されなくても 住む場所を食べ物を与えてくれる
愛されなくても たくさんの多様な体験を学ばせてくれる
愛されなくても 宇宙の中を運んでくれる

どうして 自分の望む愛の形でなきゃ受け取ろうとしないのだろう
どうして ここに存在しているということだけでは満足できないのだろう
どうして 世界は生命で溢れているのに孤独だと言うのだろう

あれでなくちゃ こうしてくれなくちゃ
あれを手に入れなくちゃ こうゆう状態じゃなくちゃ
不満はつのり 不足は不足を呼んで 苦しむばかり
でも それらを解放した時 本当に必要なものが目の前に 愛と共にどっと流れ込んでくる

外側の世界は自分の内側の世界の反映
愛の人は 世界に愛を見る
どんな環境も どんな状況も あなたが本当の愛に気づくため
あなたがその愛に目を向ければ 溢れるほどの愛が すでにここにあったことに気づく
そして その開かれた目で世界を歩いていくならば あなたの世界は愛に満ちていき
これまで愛に条件をつけていた自分が可笑しく思えてくるだろう

 

 

日陰の大樹

ガクンと世界の傾きが変わり 隠されていた僕らの頭上に陽が注ぐ
「さあ」とあたたかな眼差しに促され 僕らは顔を上げて立ち上がる
太陽の子らが 星々の子らが 天使の子らが
遙かな時を超え 託され携えてきたのもをこの地に放つために立ち上がる
誰かと比べずとも 自分の価値を知る方法がここに
多数の中に居ようとせずとも 自分の居場所を知る方法がここにあると

ゴロンと社会が転がり 日陰にいた僕らの頭上に陽が注ぐ
「さあ」と勇壮な眼差しに促され 僕らは一歩踏み出して立ち上がる
変わり者と除けられていた子らが あまりにやさしいゆえに力を譲ってきた子らが
この間に コツコツ学び積み上げてきた経験を伝えるために立ち上がる
シュプレヒコールを上げずとも 世界を変える方法がここに
社会的地位を目指さなくとも 豊かさを得る方法がここにあると

きみが僕らからそれを聞き出せないのは きみがその問いを知らないから
僕らは問いを待っている きみからの問いを待っている
僕らはいつでも差し出す準備は出来ている
そしてきみが僕らに問うたその時に 僕らは笑顔でただ頷くだろう
きみのその問いが答えだから

光が強すぎて目立たないようにしてきた僕らの上に日が昇る
ベールが上がり たくさんのサポートの介入が可能となった今
降り注ぐエネルギーと内から湧き上がるエネルギーが混ざり合い
圧倒的な幸福感と共に もう大丈夫だと 本当の姿を見せてもいいのだと感じているだろう
この星が僕らの力を必要としている この社会もまた僕らの知識を必要としている
さあ のびのびと軽やかにゆったり歩いていこう

きみの周りに 僕らはいるよ
きみがこれまで 僕らの存在に目を向けてこなかっただけで
いや きみがそうかもしれない
きみがきみ自身に ちゃんと目を向けてこなかっただけで

 

 

私の歩む地球

ドクン ドクン ドクン ドクン
輝く透明な虹色 私がこれから歩んでいく地球
ドクン ドクン ドクン ドクン
鮮やかで軽やかな風が吹く
誰もが創造者として立ち上がり
同時に存在するエネルギーを選択しながら歩いて行く
それぞれのペースが尊重され その美しい調べが世界を彩る
多様な世界は共に育むものとなり
行き交う力は豊かな森を広げ すべての人に必要な実が分けられる
抜けるような青い空
輝く水面 創造と破壊を伝える波の音
深海は現出する前の満ちたる大いなる静寂を秘め
クジラの飛沫が時を告げる
星々はここにあり
血を沸き立たせる太陽は 新たな体験の場を提供する
木々のざわめきはうたとなり
全ての生命の螺旋を描く輪の中心に湧き出す泉は雨を呼び 開かれた物語を紡ぐ
みずみずしい金緑の草原を この地に生まれた喜びに子供たちが走っていく
働くことは個々の真の目的を生きることとなり
勝敗は相手を負かすことではなく
称賛は生を全うした死の時に与えられる
連なる山々の教え 宇宙の鼓動と呼応するマントル
月の満ち欠けは静と動のリズムを伝え
暗闇に灯すあたたかな明かりは血を沈め 夜の扉をノックする
豊かな眠りは豊かな生活を創り出し 豊かな呼吸は世界と共鳴し
怒りは満ち足りた心に溶かされ 孤独はひとつの中に抱きしめられる
見えるものと見えないものへの比重が変わり
純粋な意図が人々を繋げる手段となる
存在はここにあり
肉体の目は内なる目によって開かれ 世界の中にありながら世界自身を体感する
ドクン ドクン ドクン ドクン
新しい地球はすでにここにあり
伸ばした手があなたに触れる
ドクン ドクン ドクン ドクン
私たちが歩みはじめた地球
今初々しく目の前に広がり
見上げた空から 輝く透明な虹色の雨が降る