voice」カテゴリーアーカイブ

テーブルの上

真っ白い廊下を 赤いワンピースを着た裸足の少女が 走って行く
片側に幾つもの扉が並び 少女は扉を開けた

部屋の中には 大きなテーブルがあった
望遠鏡 顕微鏡 計量器 定規 薬品 試験管やピンセットなどのいろいろな実験用具
そして 化学式と数式が書かれたメモが ぐちゃぐちゃに丸められていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなテーブルがあった
地球儀 世界地図 化石 骨格標本 積み上げられた分厚い古い本
そして 一枚の年表が びりびりに破かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 小さなテーブルがあった
ランプ インク ペン
そして 一編の詩が書かれた羊皮紙が 置かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は プレゼントを受け取るように その羊皮紙を手にすると
大事そうに ポケットにしまった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 一枚のキャンバスが イーゼルに立てかけられていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は キャンバスに近づくと しばらく眺め
そして ぎゅっと抱きしめた
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなコンピュータがあった
「Hello.」 モニターに映し出された つるっとした人間の顔が話しかけた
「Hello. Who are you?」 少女はコンピュータに話しかけた
「I don’t understand the question. Could you tell me more?」
「Where are you from? Where are you going?」
「I don’t understand the question. Could I have more information?」
少女は けらけらと声を立てて笑った
すると コンセントが抜け 真っ暗になったコンピュータは もう何も言わなくなった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

「We are going to “FOREST”!」
少女は 廊下の突き当たりの扉を開けた
少女の裸足の足が 穏やかにそよぐ草原に触れ
少女の目は 遠くに佇む森を見つめた
燦々と降り注ぐ陽を浴びて 少女は走って行った

陽光が照らすテーブルの上に 小さな白い羽が舞い降りた
はたと 物語を書く手を止め
大人になった少女は 部屋を出た

 

 

知れば知るほどに

知れば知るほど 人は 謙虚になっていく
偉ぶっている人は 自分の無知さえ 知らないがため
自分の非を認めない人は 自分の無知を 認めたくないがため
知ることを恐れる人は 自分が信じてきたものを 否定したくないがため
知ることを求める人は みんなが信じているものは違うのではないかと 感じるがため

知れば知るほど 絶望していく
知れば知るほど 可能性が見えてくる
知れば知るほど 穏やかになっていく

内面が静かな人は ちゃんと向き合えた人
自分の無理を知る人は 既により多くの知を 手に入れている

知れば知るほど 無知を知る
そして 知ることが出来ないから この世界で遊ぶことが出来るのかもしれない

 

 

暗闇

暗闇に 鏡が立てられた

光を 灯せ!
大きくなった人々が 掲げた光
その姿を 見せよ!
そうして 暗闇は 夢を奪われた

光よ 失せろ!
小さき人々が 打ち砕いたその光
その姿は 見えやしない!
そうして 暗闇は 夢の続きをうたった

風よ 吹け!
僕らが呼んだ 太陽風
雨に打たれ 粉々になった 鏡の中
露わになった その姿
そうして 幾つもの空が もっと大きな夢をうたった

暗闇は 闇にあらず
闇は 光を掲げた者の内に巣くう
真の光は 光にあらず
光は 闇を生みし者の目を覆う

暗闇は 僕らの内より 世界を見る
今 僕らの前に 鏡が立てられる

 

 

私たちはまだ知らない

私たちは まだ 何も知らない
世界は まだ 何も決まっていない

最初の人は 誰だったのか
その人は 何を想ったのか

暗闇に灯る 黄金の砂粒
鯨がうたう 森の中
きみの瞳が 世界を紡ぐ

最初の人は 僕らだった
僕らが それを 望んだから

瞳に明かされる 空のうた
きみが 目を閉じ
世界が 沈黙する

私たちは まだ 何も知らない
世界は まだ 何も決まっていない

否 わたしは 知っている
否 わたしは 知りたい

わたしと私たちときみと僕らの 透明な世界の物語

 

 

力の行方

自分で考えることを止めたら
私は 何になるのだろう?

“大きな声”に 力を明け渡した人々が
“みんな”に 力を明け渡した人々が
今度は “機械”に 力を明け渡そうとしている

一体 誰のための 世界だろう・・・・・
なぜ 自由を 選ばないのだろう・・・・・

考えることを止めたら
人間は 何になるのだろう?