力について」タグアーカイブ

テーブルの上

真っ白い廊下を 赤いワンピースを着た裸足の少女が 走って行く
片側に幾つもの扉が並び 少女は扉を開けた

部屋の中には 大きなテーブルがあった
望遠鏡 顕微鏡 計量器 定規 薬品 試験管やピンセットなどのいろいろな実験用具
そして 化学式と数式が書かれたメモが ぐちゃぐちゃに丸められていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなテーブルがあった
地球儀 世界地図 化石 骨格標本 積み上げられた分厚い古い本
そして 一枚の年表が びりびりに破かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 小さなテーブルがあった
ランプ インク ペン
そして 一編の詩が書かれた羊皮紙が 置かれていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は プレゼントを受け取るように その羊皮紙を手にすると
大事そうに ポケットにしまった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 一枚のキャンバスが イーゼルに立てかけられていた
静まりかえった部屋に 主の姿はなかった
少女は キャンバスに近づくと しばらく眺め
そして ぎゅっと抱きしめた
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

少女は 扉を開けた
部屋の中には 大きなコンピュータがあった
「Hello.」 モニターに映し出された つるっとした人間の顔が話しかけた
「Hello. Who are you?」 少女はコンピュータに話しかけた
「I don’t understand the question. Could you tell me more?」
「Where are you from? Where are you going?」
「I don’t understand the question. Could I have more information?」
少女は けらけらと声を立てて笑った
すると コンセントが抜け 真っ暗になったコンピュータは もう何も言わなくなった
少女は部屋を出て 真っ白な廊下を走っていった

「We are going to “FOREST”!」
少女は 廊下の突き当たりの扉を開けた
少女の裸足の足が 穏やかにそよぐ草原に触れ
少女の目は 遠くに佇む森を見つめた
燦々と降り注ぐ陽を浴びて 少女は走って行った

陽光が照らすテーブルの上に 小さな白い羽が舞い降りた
はたと 物語を書く手を止め
大人になった少女は 部屋を出た

 

 

自分のエネルギーに注意しよう

最大の高慢あるいは最大の自卑は自己に関する最大の無知である。

(参考:岩波文庫「エチカー倫理学」スピノザ著、畠中尚志訳)

我々が特につとめなければならぬのは、おのおのの感情をできるだけ明瞭判然と認識し、このようにして精神が、感情から離れて、自らの明瞭判然と知覚するもの、そして自らのまったく満足するものに思惟を向けるようにすることである。つまり感情そのものを外部の原因の思想から分離して真の思想と結合させるようにすることである。
これによってただ愛・憎しみなどが破壊されるばかりでなく、さらにまたそうした感情から生ずるのを常とする衝動ないし欲望も過度になりえないことになろう。

(参考:岩波文庫「エチカー倫理学」スピノザ著、畠中尚志訳)

しかしここに注意しなければならぬのは、我々の思想および表象像を秩序づけるにあたっては、常におのおのの物における善い点を眼中に置くようにし、こうして我々がいつも喜びの感情から行動へ決定されるようにしなければならぬことである。

(参考:岩波文庫「エチカー倫理学」スピノザ著、畠中尚志訳)

 

イライラは損だ。

イライラしている人が目の前にいたらどんな感じがするだろう。素直に、嫌な感じになる。あるいは一緒になってイライラ、ギャーギャーするだろうか。そして、周りの人も巻き込んで、その空間も何だかヒリヒリと嫌な感じになっていく。
その場を何とか乗り越えたとしても、別の場所で別の人に、あなたは「この間、こんな人がいたのよ」と、イライラを広めるかもしれない。
それを聞いた人は、どんな感じになるだろう。その人は、一緒になって、あるいはまた別の人に・・・・・。イライラは、どこまで広がっていくだろう。今は、SNSってやつがあるわけで。
世界中にイライラが広まって、楽しいだろうか? そんな世界で生きたいと思う?

嫌だと思ったら、自分で断ち切ろう。イライラをぶつけられても、深呼吸。右から左に受け流す。ユーモアの一つでももっていたら最高だ。相手のイライラを笑いに変えられるかもしれない。
あなたが穏やかでいるだけで、もちろん大丈夫。それが案外大変なのだから。あなたの落ち着きっぷりを見れば、相手のイライラも静まっていく。大問題だと思っていたことも、大したことではなかったと思えるようになるかもしれない。

新しい規則や罰則を次から次に作る必要なんて無い。それが、余計に世界を窮屈に息苦しく生きにくくしているのではないだろうか。私たちは、もっと穏やかに賢くなる必要がある。そして、ストレス社会を創っているは、誰かじゃなくて私たち一人一人なのだと自覚すること。それが出来れば、まず、自分のイライラをコントロールしようと努めるようになる。あなたを見て見習おうとする人が増えていくかもしれない。そうすれば、イライラする人も少なくなって、イライラしている人にイライラする人も少なくなって、イライラしている人の暴言・暴力によって傷つく人も少なくなる。
世界は、静かな美しさを取り戻す。私は、そんな世界で生きたい。

こんな世界、嫌だと思ったら、自分の望む世界を生きよう。自分の望む世界のあり様を心を伴ってそのまま生きてみよう。

みんながあまり注目しない現象がある。それは内なる世界の荒廃だ。これはおなじように脅威だし、おなじように危険だ。そして、この内なる世界が荒れはてないように、ちいさな内なる樹木をためしに植えてみてはいかがだろう。たとえば、いい詩を書いてみよう。これは内なる木を植えることだ。
木を植えるのはリンゴを収穫するためだけではない。いや、木はそれだけで美しい。なにかに役立つというだけでなく、樹木がただ樹木であることがたいせつなのだ。
それがおおぜいの作家たち、いやおおぜいではなくとも、何人かの作家や芸術家がこころみていることだ。つまり、ただそこにあり、人類みんなの財産になりうるなにかを創造することである。それがそこにあることが、それだけでよいことだから。

(参考:岩波書店「だれでもない庭 エンデが遺した物語集」より「内なる世界が荒れはてないために」ミヒャエル・エンデ著、ロマン・ホッケ編、田村都志夫訳)

あなたが、ここに存在しているだけで美しい。

賑やかな場所で、穏やかな人がひとり窓辺に座っている。彼女は(彼は)何をしていないように見えて、本当はその場を一番支配している。支配しているという言葉はあまりよくないかもしれないので、一番世界に貢献していると言った方がいいかもしれない。
大衆の波に乗らない人。その人は、空気が読めないわけでも、仲間に入りたくても入れないってわけでもなく、もっと大きな世界の中で生きている。だから、みんなの中に入らなくても寂しくないし、焦ったりなんかもしない。でも、その人は繊細だから、気をつかってわざわざ耳を塞いで世界の声を聞こえないふりをして大衆の中に入るかもしれない。それでも、その人は、気づかないうちにみんなを導いていく。だって、その人の力は、黙っていてもとても強いから。

自分の中に、もっとも美しくて強いものがあるのなら、それを見つけたいとは思わない?

自分の発するエネルギーに注意しよう。そのエネルギーが、この世界を創っているのだから。

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

(参考:小学館「永遠の詩02 茨木のり子」より「自分の感受性くらい」茨木のり子著)

 

知れば知るほどに

知れば知るほど 人は 謙虚になっていく
偉ぶっている人は 自分の無知さえ 知らないがため
自分の非を認めない人は 自分の無知を 認めたくないがため
知ることを恐れる人は 自分が信じてきたものを 否定したくないがため
知ることを求める人は みんなが信じているものは違うのではないかと 感じるがため

知れば知るほど 絶望していく
知れば知るほど 可能性が見えてくる
知れば知るほど 穏やかになっていく

内面が静かな人は ちゃんと向き合えた人
自分の無理を知る人は 既により多くの知を 手に入れている

知れば知るほど 無知を知る
そして 知ることが出来ないから この世界で遊ぶことが出来るのかもしれない